\ フォローしてね /

ハッカ油で防ごう!観葉植物の害虫対策

観葉植物は生活に癒しを与えてくれます。そんな観葉植物に虫がついたらいやですよね。今回は「観葉植物の病害虫対策」について紹介したいと思います。

著者が育てている観葉植物について

著者は、ポトスやエアープランツ、サンセベリアなどを育てています。その中でも特にサンセベリアに力を入れています。

気をつけるべき害虫・その時期について

アブラムシ

気をつけるべき害虫はやはりアブラムシでしょう。葉や茎を侵食していき、最終的にはすべてをだめにします。

1年中見かける気もしますが、特に活発になるのは春~夏にかけてのようです。

著者が実践している害虫の対策方法

水とハッカ油のスプレー

著者が行っている対策は非常に簡単です。その方法とは、霧吹きの中に水と2~3滴のハッカ油をいれてよく振り、それを植物やその周辺にスプレーするだけというものです。

このハッカ油の匂いは、虫が嫌うにおいなのだそうです。具体的な作りかたに関しては、水100ccあたりにハッカ油を2~3滴というぐらいの割合で混ぜましょう。

害虫対策を施す際の注意点

ハッカ油の分量・スプレの吹きかけ量

注意点としては、ハッカ油を入れすぎないこととスプレーをしすぎないということです。

ハッカ油は油ですので、吹きかけすぎれば油が観葉植物を覆ってしまい、観葉植物が弱まってしまいます。著者自身何度かそれで枯らしてしまいました。

病害虫対策について行っていること

とにかく毎日観察することです。2~3日放置していたら虫がついていたなんてことはよくあることです。

こまめに植物の状態をチェックしながら育てて行きましょう。

おわりに

いかがでしたか?今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。