1. コミュニケーション
    2. 「意図的」と「恣意的(しいてき)」の正しい使い分け方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「意図的」と「恣意的(しいてき)」の正しい使い分け方

    「意図的」と「恣意的」という言葉の意味と使い方をご存知ですか?よくこの二つを混同して使っている方がいるのですが、実は根本的な意味に違いがあります。「意図的」は、目的をもってわざとそうするさま(類似語「作為的」)を指し、「恣意的」は、論理的な必然性がなく思い付きで物事を判断するさまを指しています。そのため、実際に表現したい事柄によって使用するシーンも異なってきます。こちらでは、それらの意味と具体的な使い方について紹介しています。

    皆さんは「恣意的(しいてき)」という言葉を正しく使っていますか?

    実は多くの方が「意図的(いとてき)」と同じような意味だと思っていますが、それは間違いです!

    ここでは「意図的」と「恣意的」の正しい使い方を紹介します。

    「意図的」の意味

    • 目的を持って、わざとそうする
    • はっきりした考え・目的がある

    よく言えば計画的、悪く言えば腹黒い感じがします。

    • 「仕事量を意図的に増やす」
    • 「意図的ないやがらせ」

    「恣意的」の意味

    • 気ままで自分勝手
    • 論理的な必然性がなく、思うままにふるまう
    • その時々の思いつきで物事を判断する

    無邪気ですが、一緒に仕事をするとなると面倒なタイプですね。

    • 恣意的な判断
    • 規則を恣意的に運用する
    • 恣意的な解釈

    「意図的」と「恣意的」の正しい使い分け方

    「意図的」と「恣意的」は大きく意味が違うものの、どちらも「その行動がどういった背景に基づいたものか」ということを表現している点が共通しています。

    「意図的」を使う場面

    • ~を狙ってやりました。
    • ~というもくろみがあります。
    • あれって、わざとだよね。

    など、自分や誰かの行動の理由が明確にある(と思われる)ときに使います。

    「恣意的」を使う場面

    • あんまり考えてなかったです。
    • なんとなくです。
    • あれって、適当でしょ。

    など、自分や誰かの行動の理由が説明できない(と思われる)ときに使います。

    おわりに

    意味が正確にわかった上で、「あれは恣意的だよ~」など天然を装わないよう気をつけましょう。

    Twitterで紹介!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人