\ フォローしてね /

バイク免許の基礎知識

バイクに乗ってみたいけれど、覚えることが多そうで敬遠してしまっている、という方に向けてバイク免許の基礎知識をご紹介します。

試験の受け方の種類

教習所に通い、教習所で実技試験を受けるパターンと、教習所には通わずに試験会場で実技試験を受けるパターンがあります。

前者は教習所費用がかかりますが、合格確率が高く、後者は教習所費用がかかりませんが、合格確率が低くなっています。

バイク免許の種類

原動機付自転車免許

一般的に「原付」と呼ばれている小型バイクの免許です。50ccまでのバイクを運転することができ、16才から取得することができます。

学科試験のみで、実技は講習があるだけです。運転免許センターで受験します。自動車の普通免許があれば原付に乗ることができます。

原付は二人乗りも高速道路を走ることもできません。
厳密にはバイクではありません。

小型限定普通二輪免許

125ccまでのバイクを運転することができ、16才から取得することができる免許です。教習所で卒業検定に合格していると免許取得試験で技能試験が免除されます。

二人乗りはできますが、高速道路を走ることはできません。

普通二輪免許

400ccまでのバイクを運転することができ、16才から取得することができる免許です。教習所で卒業検定に合格していると免許取得試験で技能試験が免除されます。

二人乗りもできますし、125cc以上なら高速道路も走れます。

大型二輪免許

排気量に制限を受けずにどんなバイクでも運転することができます。18才から取得することができます。教習所で卒業検定に合格していると免許取得試験で技能試験が免除されます。

二人乗りもできますし、高速道路も走れます。
大型自動二輪車は総排気量が400ccを超えるものを指します。

AT限定自動二輪免許

クラッチ操作を必要としないスクーターを中心としたオートマチックバイクの免許です。125cc以下のAT小型限定普通二輪免許、400cc以下のAT普通二輪免許、650cc以下のAT限定大型二輪免許があります。

取得できる年齢は大型が18才から、それ以外が16才からです。教習所で卒業検定に合格していると免許取得試験で技能試験が免除されます。

免許取得に必要なもの

原付免許取得の場合

  • 発行後6ヶ月以内で本籍地の記載がある住民票の写し
  • 撮影後6ヶ月以内で規定の条件に則った顔写真
  • 鉛筆、消しゴムなどの筆記用具
  • 印鑑
  • 運転免許申請書(試験会場にあるので、そこで記入します)
  • 受験票(試験会場にあるので、そこで記入します)

それ以外の免許取得の場合

  • 発行後6ヶ月以内で本籍地の記載がある住民票の写し
  • 撮影後6ヶ月以内で規定の条件に則った顔写真
  • 鉛筆、消しゴムなどの筆記用具
  • 印鑑
  • 運転免許申請書(試験会場にあるので、そこで記入します)
  • 受験票(試験会場にあるので、そこで記入します)
  • 指定教習所で卒業試験に合格した人は卒業証明書

免許取得にかかる費用

原付免許の場合

  • 受験料:1,650円
  • 講習料:4,050円
  • 交付料:1,750円

それ以外の免許の場合

  • 受験料:3,300円
  • 交付料:1,800円
教習所に通わずに試験を受ける場合は、取得時講習料で12,300円、応急救護講習料で3,600円が別途必要です。

免許取得までの流れ

原付免許

適性検査という簡単な身体検査を受けた後、試験時間30分の学科試験を受けます。90%以上正解で合格です。

それから原付講習という乗り方の講習を受けて、免許が交付されます。

それ以外の免許

適性検査という簡単な身体検査を受けた後、試験時間60分の学科試験を受けます。90%以上正解で合格です。

それから技能試験という運転技術の試験を受け、正しい乗り方などに関する知識を取得時講習で学びます。

最後に応急救護講習でケガをした時の応急処置を学んだら、免許が交付されます。

普通自動車免許を所持していれば学科試験は免除されます。
教習所で卒業検定に合格していれば、技能試験・取得時講習・応急救護講習は免除です。

おわりに

バイクの免許に関する基礎知識をご紹介しました。

まだどの免許を取得するか決めていない人は、自分がどんな用途でバイクに乗りたいかを考えて取得する免許を決めると良いでしょう。

バイクに乗る時は楽しむだけでなく、安全運転も心掛けてくださいね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。