1. 雑学
    2. 「なぜ空は青い?」「どうして海はしょっぱい?」無垢な子供から聞かれそうな疑問&答え

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「なぜ空は青い?」「どうして海はしょっぱい?」無垢な子供から聞かれそうな疑問&答え

    「お空なんで青いの?」「海はなんでしょっぱいの?」などなど、子どもからの疑問って、身近なものなのに意外と答えるのが難しいものが多いですよね?当たり前すぎて、深く考えたことのないものばかり。しかし、ここでしどろもどろになってしまっては情けないですよね。大人として、人生の先輩としてキッチリ教えてあげたいところ。今回は、子どもから聞かれそうな身近な疑問とその答えをまとめてみました。
    nanapi

    Q1.「お空はどうして青いの?」

    実は太陽の光に関係がある

    空が青いのは、実は太陽の光に関係があります。太陽光は、肉眼では白っぽく見えると思いますが、実はこれ、7色(赤色、橙色、黄色、緑色、青色、藍色、紫色)が交じり合ってできているものなのです。

    白っぽく見える太陽光は、7色の光からできている。

    地球上の大気も関係している

    そして、空の色にもう1つ影響を与えている要素があります。それは、地球上の大気。実は、地球上の大気に含まれる分子は、青い光を捕まえて別の方向に散乱させる性質があるのです。

    地球上の大気は、青い光を散乱させる。

    大気が青い光を散乱させるから空は青く見える!

    つまり、7色が混じっている太陽光の中から、大気が青い色を強く散乱させるために空は青く見えるのです。大気中に分子はたくさんあるので、私たちの目に入ってくるまでに、空一面に青色が広がるのですね。

    空一面に青い光が散乱されるから青く見える。

    Q2.「夕焼けはなぜ赤いの?」

    遠くから届く太陽光は赤く見える

    夕焼けが赤いのは、昼間よりも遠くから太陽の光から届くからです。遠くから大気を通過して届いた太陽の光は、赤く見えるという特徴があります。

    朝焼けも同じ原理。日の出が赤いのも、遠くから光が届いているため。

    夕方は太陽との距離が長い

    昼間は太陽が真上にありますが、夕方になるにつれて太陽は地平線へと遠ざかっていきます。そうすると、太陽との角度が垂直から斜めになり、太陽の光は、昼間よりも大気の層を長く通過して届きます。

    夕日が沈む直前、最も距離が遠くなる。

    大気を長く通ると青ではなく赤い光が現れる

    太陽の光が大気を通過するとき、空気中に漂う目に見えないほど小さな窒素や酸素の分子に当たって光は散乱します。

    大気の層を長く通過すると、短い距離だとよく見えていた青い光は散乱してなくなり、残った散乱が少ない赤い光が目立つようになって夕焼けが現れます。

    赤い光は散乱されにくいから距離が長くても残る。

    Q3.「どうして虹ができるの?」

    第一の要因は「雨」

    虹ができるタイミングと言えば、雨上がりですよね。実は、虹の発生に雨は大きな影響を与えています。

    雨が降ると、空気中には水の粒が漂い、スクリーンのような状態になります。そこに太陽光が反射することで、虹は私たちの目の前に現れるのです。

    太陽光が雨粒に反射することで、虹は現れる。

    虹が7色になる理由は?

    では、なぜ水滴に反射して現れた虹は7色なのでしょうか?

    太陽光は7色の光からできています。光は、水滴の中を通る時に折れ曲がるのですが、この時、どの方向(角度)に反射するかは色によって異なるのです。

    それぞれ異なる角度に反射するため、光は7色の帯となって空に現れるのですね。

    水滴の中を通ることで、光は7色にわかれ、虹になって現れる。

    Q4.「海のお水はなんでしょっぱいの?」

    海の水はなぜしょっぱい?

    海の水はなぜ塩辛いのでしょうか? それは、実際に海の中には塩が溶けているためです。

    海の水がしょっぱいのは、塩が溶けているから。

    では、なぜ海に塩が含まれているのか?

    実は、海に塩が含まれている理由を探るには、約40億年前の地球にタイムスリップする必要があります。

    当時の地球は、とても熱く、水は気体の状態(水蒸気)で空気中に含まれていました。そして、そんな空気の中には、現在の空気中には含まれない「塩化水素(HCl)」という物質が含まれていたのです。この物質は、水に溶けると「塩酸」になる性質を持っています。

    一方、水蒸気と塩化水素が漂う空の下には、「ナトリウム(Na)」を含む岩石が転がっていました。このナトリウムという物質は、塩酸に特に溶けやすい性質を持っており、塩酸と中和することで「塩化ナトリウム(NaCl)」という物質に変化します。

    しばらくすると、地球はだんだん冷えていき、空気中の水蒸気が水へと変化していきました。すると、空気中の水分と塩化水素が交じり合い、塩酸の雨(酸性雨)となって地表に降り注ぎ始めます。地表には、塩酸に溶けやすいナトリウムを含んだ岩があります。

    結果、塩酸の雨によって岩の中にあったナトリウムが溶け、塩化ナトリウムを含んだ水となって、一緒に今の海になる部分へと流れ込んだのです。

    「塩」の正式名称が「塩化ナトリウム」というのは授業で習ったことがあるかと思います。つまり、塩水が長い年月の中で海に流れ込み、今のしょっぱい海が完成したのですね。

    生まれたばかりの地球には、塩のもとが岩の中にあり、雨がそれを海に運んでくることで、今の海水はしょっぱくなった。

    Q5.「お星さまはなんで光ってるの?」

    夜空には2種類の星がある

    夜空には多くの星が光っていますが、大きく分けると、自分で光り輝く「恒星」とそうでない星(惑星や衛星)にの2種類に分けられます。

    星には、自分で光る恒星とそうでない星の2つがある。

    光らない星はなぜ光って見える?

    自分で光を放たない惑星や衛星は、太陽の光を反射することで、肉眼では光っているように見えます。

    惑星や衛星は太陽光を反射して光って見える。

    恒星はなぜ光る?

    では、なぜ恒星は光っているのでしょうか?

    それは、恒星が光エネルギーを放出しているからです。星の中で水素などのガスが「核融合反応」という現象を起こすことで、熱と光が放出され、恒星は熱く輝いているのです。

    恒星は核融合反応を起こすことで、光を放っている。

    意外と知らなかったことが多かったのではないでしょうか?もし、子どもが聞いてきたら、しっかり答えてあげましょうね。

    Twitterで紹介!

    (image by PIXTA)
    (image by amanaimages1 2 3 4 )

    このライフレシピを書いた人