\ フォローしてね /

初心者必見!ワインの香りを表現する方法

ワインは様々な言葉を使って香りを表現することができます。今回は、そんな「表現力豊かにワインの香りを表現する方法」をご紹介します。

香りを感じる方法

STEP1:飲む前の香り

まず、グラスに静かにワインを注ぎます。そして、飲む前にまず香りを楽しみます。

STEP2:口に含んだ香り

香りを楽しんだら少量を口に含み、鼻から抜ける香りを楽しみます。

この時、すぐに飲み込んでしまわず、口に含んだまま香りを楽しんでみましょう。

STEP3:飲んだ後の香り

ゴクンと飲み込んだ後の余韻の香りもしっかり楽しみましょう。

香りの表現例

ワインの香りを表現する時は何かに例えて「◯◯のような香り」と表現することが多いです。その際、ポイントは「なるべく具体的に例える」ことです。例えば、「花のような香り」ではなく、何の花なのかを具体的にし「百合の花のような香り」などとより具体的に表現してみましょう。

以下に香りの表現としてよく使われるものを紹介します。あくまで、ごく一部ですので、他にも自分が感じた香りを思うように自由に表現してみてください。

花に例える

  • 薔薇
  • ラベンダー
  • スミレ

果物に例える

  • イチゴ
  • クランベリー
  • ラズベリー
  • 林檎
  • さくらんぼ
  • マンゴー

ナッツに例える

  • アーモンド
  • 胡桃
  • へーゼルナッツ

自然のものに例える

  • 濡れた芝生
  • 木の皮
  • 太陽

直接的に例える

  • 焦げたような
  • 青臭い
  • 鮮やかな
  • 透明感のある
  • 尖った
  • スパイシーな

こだわりポイント

グラスに注いだ後に時間を空ける

ワインを空気に触れさせ、味や香りを解放させるために、グラスに注いでから数分待ってから飲むようにしています。

大きなグラスを使う

赤ワインを飲む際は、香りがグラスに溜まりやすくするためになるべく大きなグラスを使います。注ぐ際は、ワインは少しだけ注ぎ、ゆっくり空気に触れさせながら香りや味を楽しみます。

アドバイス

様々な表現を使う

香りを表現するのに、正しい表現や間違った表現はありません。自分がそう感じたのなら、それで良いと思います。ただ、表現がワンパターンにならないように、色々な表現をしてみましょう。

テイスティングを学ぶ

ワイナリーでワインテイスティングをしたりして、他の人がどんな風に香りを表現するかを色々聞いてみるのも、新しい発見があってとても良い勉強になりますよ。

おわりに

いかがでしょうか。想像力を豊かにして、香りを自由に表現してみてくださいね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。