\ フォローしてね /

登山用テントの撤収方法と畳み方のコツ

この記事では著者が実際に山岳会の共同装備として使用しているテントの畳み方をご紹介します。

著者の使っている登山用テント

エスパースは山岳テントとしては定番中の定番で、多くの山岳会がこの緑色のテントを利用しています。

けしてコンパクトではありませんが、それほど重くも無く、丈夫で実に堅実なテントです。

何よりも天井高が高いのが特徴でテント内で腰をかがめなくても移動できるのが楽です。

写真は徳澤園にて、「エスパースマキシム 4シーズン 4.5人用+スーパーフライ」を使用をした時のものです。

フライシートのたたみ方

フライシートが乾いていればそのまま畳めますが、濡れている場合は布で湿気を拭き取ってから広げます。

フライシートは二つ折りをすると三角形をしているので下の順番に折りたたんで長い四角にします。生地が薄いので空気をしっかり抜くことが大切です。

インナーテントのたたみ方

1:ペグを抜いてテントをひっくり返す

ペグを抜いて、インナーテントをひっくり返し、本体のボトム部分を乾燥させます。そのとき、テント内のゴミも叩いて入り口から落とします。

この時ペグの本数は必ず数えて下さい。抜き忘れを防げます。

2:ポールを外す

ボトムが乾いたらポールを外します。差込式テントの場合、ポールは押して下さい。イメージとしてはポールを押しながらテントを引くというイメージです。逆にポールを引っ張ってしまうとスリーブの途中でポールが外れてしまい、テントを傷つける可能性があります。

吊り下げ式テントの場合、四隅とトップを残して全て外します。最後にトップを外すとポールが綺麗に倒れますので、四隅を抜けば撤収完了です。

3:一旦広げる

インナーテントの畳み方ですが、一度綺麗に広げます。空気が抜けやすいように入り口は少し開けておきます。

4:たたむ

テントは四角いので両側から半分ずつ谷折りにし、さらに2つに折るとほぼフライシートと同じ幅になるはずです。収納袋を横においておくと二つ折りか三つ折かの判断がしやすくて楽です。ここでも空気をしっかり抜くことが大切です。

この時、あえて袋より少し長めので細く巻きます。すると袋に入れやすくなります。余った部分は押しこめば完了です。

ポールのたたみ方のコツ

ポールは端からではなく、真ん中辺りから二本、四本、八本と最後に一束になるように畳んで下さい。端からたたむと中のショックコードが伸びてしまうので絶対禁止です。

袋がわかれているならばポール袋に格納します。

もしテントをすべて一つの袋に一緒に入れるのなら、インナーテントの上にフライシートをのせて、両側から半分ずつ谷折りにします。これは巻く距離を短くするためです。

ポールを中心にして体重を載せてしっかりと巻いていきます。この時も空気を抜くことが大切です。

巻き終わったら袋に入れて、ペグを収納すれば完了です。

登山用テントを撤収するコツ

風が強い時は風上から作業すると飛ばされにくいです。また、袋はできるだけ地面に置かず必ずポケットに入れて下さい。でないと風で飛ばされて泣く泣く追いかけなければならなくなる可能性があります。

ペグは水があれば必ず水洗いして、布で拭いてから収納します。汚れたままだと錆びたり、泥が袋やテントを劣化させてしまう可能性があります。

もし雨の中での撤収の場合、乾燥できませんのでそのままたたみます。帰宅したらすぐに乾かして下さい。

実際にその登山用テントを撤収した時の体験談

写真ののテント4~5人用ですが4人が最も快適に過ごせます。スリーブ式なので2人で10分、1人でも15分もあれば設営可能です。撤収も乾燥時間をのぞけば2人で10分程度でできます。

重量は軽くはないので複数人で行く場合は1人がインナーテントとペグ、もう一人がフライシート、もう一人がポールなどと手分けして持ちます。

4シーズンテントですので、真冬に真価を発揮します。特に雪が降る時でも前室が広いので調理が楽です。

天井高が高いのと、フライシートが大きいので寒い時期でもテント内は暖かく保てます。また、真夏でもフルメッシュにしてベンチレーションを開けると十分に涼しく過ごせます。

おわりに

上記のたたみ方はほぼどんなテントでも同じです。

参考にしていただければ幸いです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。