\ フォローしてね /

一度覚えれば簡単!長方形の折り紙ボックスの折り方

コタツの上に子供の机の上に、いくつあっても困らない小物入れ。ここでは2枚の折り紙で作る長方形の折り紙ボックスの折り方をご紹介します。

用意する材料

  • 折り紙2枚(15cm角1枚を蓋、14cm角を底)

およその仕上がりサイズは幅8cm×奥行4cm×高さ2.5cmです。

長方形のギフトボックスの折り方

蓋と底は同じ折り方なので、今回は蓋の折り方を紹介します。

STEP1:対角線に谷折り

色面を下にして、三角形になるように対角線で谷折りします。

STEP2:中心へ谷折り

折り紙を広げて、三角形の頂点から1/5のところで谷折りし、さらにその部分を対角上についている中心線にぴったりと合うように谷折りします。

上部と同様に下部も折ります。

上下が折り終わると、全体が細長い六角形になります。

STEP3:上下の角を谷折り

折り紙を90度回転させて、折り紙の裏側が見えている部分の角を、折り合わせてある中心に向かって、白い面(折り紙の裏側)が埋まるように谷折りします。

こうなります。

STEP4:谷折り

上部を谷折りした三角形の頂点まで谷折りします。下も同様に折ります。

この部分は直方体の側面になるので、きっちり折り目をつけると仕上がりがキレイです。

STEP5:谷折り

90度回転させて、上下を中心線に合わせて谷折りします。

全体の形が長方形になります。

折り目をきっちり折りましょう。

STEP6:いったん広げる

90度回転させて、STEP2の完成形の状態まで広げます。

STEP7:端を折りたたむ

左右の辺を中心に合わせて谷折りします。(写真の黒い点同士を合わせるように谷折りします。)

こんな感じです。

STEP8:端をおりたたむ

STEP7で谷折りした部分を、立体の箱の形になるように、折り返します。(点線部を谷折り、実線を山折りになるように広げます。)

反対側も同様に広げます。

こうなります。

STEP9:上部を谷折り

折り返した面に沿って、折り紙の裏面が見えている部分を内側に織り込みます。(点線で谷折りすれば直方体の側面が完成します。)

こうなります。

反対側も同様にします。

STEP10:蓋の完成

角がきっちり合うように手で形を整えれば蓋の完成です。底も同様に少し小さめの折り紙で折ると綺麗に箱がしまります。

長方形の箱の完成

これで完成です。

上手に折るコツ

折れ筋をしっかりつけるとキレイに仕上がります。特に角がぴったりおさまっていると綺麗な箱に見えます。

なくしがちな小物に!

蓋と底の色を変えたり、色とりどりの箱を並べてみるのも楽しいですね。ぜひ折ってみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。