\ フォローしてね /

今、バイク女子がアツい!一度は乗りたい人気の大型バイクまとめ

昔は、バイクは無骨な乗り物で、乗っている人は少し怖そうというイメージがありましたが、今は違います。

小さなスクーターではなく、400cc超の大型バイクに乗って長距離を走る女性も増えてきました。

そこでこの記事では、大型バイクに乗ってみたい!という女性に向けておすすめのバイクを紹介したいと思います。

タイプ別おすすめバイク1:クルーザー

日本ではアメリカンと呼ばれている種類のバイクで、長距離を走るのに向いているバイクです。クルーザーという名前は、ゆったりと流すという意味の「cruise」からきています。

シートは低めで、ハンドルは高め、ステップは前方に配置されていることが多いです。ゆったりと座った状態のような姿勢になります。

車重はやや重めですが、その分走っている時の安定感が良いです。

ハーレーダビッドソン・スポーツスターシリーズ

クルーザータイプといえば、やはりハーレーは外せません。

中でもこのスポーツスターシリーズは、車重が軽く、シートも高くないため、女性にも扱いやすいといわれています。

883ccのものと1200ccのものが現在取り扱われており、XL1200(N ,L , C ,S ,R ,X ,V)XL883(N ,L ,R ,C)XLH883(ハガー)などがあります。

ヤマハ・ビラーゴ、ドラッグスターシリーズ

ビラーゴは正式車名をXVといい、250cc、400cc、750cc、1100ccの排気量ごとのモデルがあります。ビラーゴとは英語で「男勝り」「じゃじゃ馬」を意味します。

これぞアメリカンという風貌はファンにとって心を奪われるポイントですが、エンジンの鼓動感に欠けるという弱点を持っていました。そこでこのビラーゴをモデルチェンジして作られたのが、ドラッグスターシリーズです。

低めのフレームは足付きがよく、カバーなし・むき出しのエンジン部はバイク特有の機械部の美しさを楽しむことができます。またスポーツタイプのバイクに近いハンドリングの良さも特徴です。

250cc、400cc、1100ccのものがありますが、1100ccは現在国外仕様のみの生産になっています。

タイプ別おすすめバイク2:レトロモダン

丸みを帯びたミラーやライト、オートバイの原型に近いデザインなどが特徴です。ホンダのCBシリーズやヤマハのSRシリーズのように発売されてから何十年にも亘って人気を博しているものもあります。

モトグッツィやトライアンフといった海外メーカーも往年の名車をモチーフにしたレトロモダンタイプのバイクを発売しています。

ホンダ・CB1100、CB400SS

ホンダを世界に知らしめたバイクといっても過言ではないシリーズです。最初のモデルが発売されてから50年以上も多くのモデルが発売され、今もなお衰えることのない人気を誇っています。

CB1100は、昔をイメージしたデザインに最新のテクノロジーが搭載された、まさにレトロモダンなバイクです。安定性の高い大きなタイヤと、1100ccという排気量を持つバイクには珍しいほどの足付きの良さが特徴です。

CB400SSのSSはシングル(単気筒)・スポーツを意味し、単気筒エンジンを搭載したベーシックなデザインのバイクです。

発売当初はクラス最軽量モデルだったほどの軽さで、扱いが楽なのも特徴です。

ヤマハSR400

発売から30年以上変わらないデザインは人気の証。セルではなく、キックでエンジンをかける必要があることから女性には敬遠されがちですが、コツさえ覚えれば力は必要ありません。

単気筒エンジンの小気味のいい鼓動と力強い加速を持ちながら、マシンの特性上緩やかに走るので、長時間乗っていても疲れないバイクです。

タイプ別おすすめバイク3:ネイキッド

カウル(外装部品、風防部品)を装備していないバイクのことを指します。むき出しのという意味の「naked」からきている名前です。

操作性がいいことから教習車としても使用されていることが多く、初心者が最初に選ぶバイクとしても人気があります。癖がなく、どんな場面にも対応できる利便性を持っています。

カワサキ・ゼファー

ネイキッドを語る上で外すことのできない、ネイキッドブームを巻き起こしたバイクです。ゼファーとは西風を意味します。この商標はアメリカの自動車メーカー・フォードに取得されていましたが、この名前にこだわったカワサキが、交渉を行なって使用権を獲得したというエピソードがあります。

抜群の乗りやすさと足つきの良さで、街乗りからツーリングまで幅広い目的で使えます。またカスタムパーツも多いので、自分好みのマシンにカスタムすることもできます。

現在は生産が終了していますが、人気車種のため中古市場にも多く出回っています。400cc、750cc、1100ccのものがあります。

ホンダ・CB400スーパーフォア

ゼファーと並ぶネイキッドバイクの代表格であるCB400SFは、その乗り回しの良さから教習車としても広く使用されています。また、エンジンの耐久性の高さから、バイク便などの一日中走り回る仕事でも使用されています。

同系統のバイクとして、上位排気量のCB1000スーパーフォアCB1300スーパーフォア、ハーフカウルをつけて長距離走行仕様にマイナーチェンジしたCB400スーパーボルドールCB1300スーパーボルドールなどがあります。

タイプ別おすすめバイク4:フルカウルスポーツ

レースに使われるマシンを一般向けに仕様変更したようなバイクで、乗車姿勢はかなり前傾姿勢になります。体重移動をしやすいマシンの特性から、カーブが曲がりやすく、峠道などを走る楽しさを味わうことができます。

また加速性に優れているため、バイクの速さを感じたい方におすすめです。

前傾姿勢で乗車するので長距離を走る際は他のバイクと比べて疲れやすいかもしれません。最新技術を搭載しているマシンが多いので、価格もほかのタイプに比べて高めです。

スズキ・GSX-R750

1985年から販売されているバイクで、2011年にフルモデルチェンジを行いました。それにより、軽量化と加速性能のアップがなされています。

具体的には、従来モデルよりも8kgの減量で車重は190kgになり、600ccクラスレベルのハンドリングの良さを実現させました。ハンドルを切れる角度も十分にあるので、Uターンなども楽々できます。国産スポーツタイプの中では最も低いシート高になっているので足つきもいいです。

加速性能に関しては、時速300km近いトップスピードを持っています。また、スズキドライブモードセレクターというシステムを搭載しており、加速に優れたAモードと緩やかな走りのBモードの二つに切り替えるができるので、サーキットではAモード、街乗りではBモードといった使い分けが可能です。

ホンダCBR600RR

ホンダらしい、誰が乗っても速く乗りやすいバイクです。車重も乾燥重量で155kgとクラス最軽量になっています。

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を搭載したモデルもあり、雨天時などの路面がスリップしやすい状況でも安心して乗ることができます。

タイプ別おすすめバイク5:ストリート

小型で軽車重、取り回しが良いなどの特徴があるので、女性にも取り扱いやすいバイクといえるでしょう。

カスタムパーツが豊富なので、自分の好きなようにいろいろ手を加える楽しみがあります。他の人との差異化を図って目立ちたい人にもおすすめです。

元はオフロード向けのバイクだったものも多いです。

ホンダ・FTR

フラット・トラック・レーサーの頭文字から取った名前を持つFTRは、その名の通りフラット・トラック・レースで走ることを念頭においたバイクです。

重心やシート高が低い、エンジンの反応が良い、ハンドルを大きく切れる、幅広タイヤを装着しているなど、フラット・トラック・レーサーの良さが十分に詰め込まれた仕様になっています。

スピードはあまり出ませんが、街乗り用でいろいろとカスタムして乗りたい人には十分なスペックを持っています。250cc以下なので車検がなく、維持費も低く押されられます。

価格もそれほど高くなく、新車でも手を出しやすい価格になっています。

ヤマハ・TW

ホンダ・FTRのライバルマシンであるTWの名前は、トレイルウェイの頭文字から取った名前です。

バルーンタイヤと呼ばれる極太幅のタイヤが特徴的で、ドラマで木村拓哉さんが乗っていたことで人気が更に加速したバイクとしても有名です。

こちらも250cc以下のマシンなので車検がなく、自由にカスタムすることができます。中古だと安いもので15万円程度から買えますので、バイクに乗りたいけどそんなにお金をかけられないという方にはもってこいのマシンだと思います。

おわりに

簡単ではありますが、タイプ別のおすすめバイクをご紹介しました。性能も大事ですが、初めて乗るバイクは自分が心から好きになれるバイクを選ぶのがいいかと思います。

百聞は一見に如かずと言いますので、まずはお近くのバイクショップで実物を見てみましょう。そこで気に入ったバイクがあれば、それを基準にして同系統のバイクと比較すると選びやすいですよ。

安全で楽しいバイクライフを送ってくださいね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。