\ フォローしてね /

中学英語頻出単語「副詞編」!覚えるべきポイント

このライフレシピのもくじたたむ

副詞には、次の2つの働きがあります。

1.動詞を修飾する

この際、副詞は動詞の後ろに置きます。

He works hard.

2.形容詞、他の副詞を修飾する

この際、副詞は形容する品詞の前に置きます。

I like him very much.
She is so happy.

様態を表わす副詞は文末に来ます。

He can speak English well.

今回ご紹介する中学英語頻出の副詞50個は、基本であり最もよく使う副詞でもあります。ぜひ50個すべてマスターしてくださいね。

中学英語頻出副詞50

1. always【いつも】

2. usually【たいてい】

3. often【よく、しばしば】

4. sometimes【時々】

副詞sometime【いつか、そのうち】との混同に注意。

5. never【一度も】

頻度を表わす副詞は、一般動詞の前、be動詞の後ろに置きます。
  • We often watch movies. = 私たちはよく映画を観ます。
  • She is always beautiful. = 彼女はいつも美しい。

6. ever【今までに】

everは「今までに~したことがある」、neverは「今まで一度も~したことがない」という意味になります。
  • Have you ever been to France? = 今までフランスに行ったことがありますか?
  • I have never been to France. = 私は今まで一度もフランスに行ったことがありません。

7. after【後で】

イディオム:after all = 結局 etc.

8. first【先に / 初めて】

  • You can go there first. = 先に行ってください。
  • When I first arrived in England, I couldn't speak any English. = 初めてイギリスについたとき、私は英語が話せませんでした。
イディオム:first of all = まずはじめに 

9. again【再び】

イディオム:again and again = 何度も etc.

10. ago【~前に】

agoは現在からみて「前に」という意味を表し、(時間を表わす名詞)+agoの形で用います。
  • five minutes[ten years】 ago = 5分[10年]前に

11.before【以前に / (決められた時間よりも)早く】

「前に」の意味のbeforeは、過去のある時点からみて「前に」を表します。
  • I have met him before. = 私は以前彼に会ったことがあります。
(時間を表わす名詞)+beforeで「(時間)よりも前に」という意味になります。
  • I will arrive there 10 minutes before. = 私はそこへ10分早く着きます。

12. all【まったく、すっかり】

  • The garden is all covered with snow. = その庭はすっかり雪で覆われている。
イディオム:all together = すべて etc.

13. almost【ほとんど】

時間などが接近しているということを示して「ほとんど」という意味があります。
  • It's almost 7 pm. = 間もなく7時になります(ほとんど7時です)。
「almost+(all, every, always etc.)」で「ほぼすべて、ほとんど」という意味になります。
  • Almost all the people are gone. = ほとんどすべての人々が行ってしまった。
  • He wakes up at 6 am almost every day. = 彼はほとんど毎日朝6時に起きます。
  • My mother is almost always at home. = 私の母はほとんどいつも家にいます。

14. already【もう、既に】

alreadyは肯定文で「もう、既に」したという意味になります。
  • I have already finished reading the book. = 私は既にその本を読み終えました。

15. yet【まだ / もう】

yetは疑問文や否定文に用います。疑問文のときは「もう」したか、否定文のときは「まだ」していないという意味になります
  • Have you finished reading the book yet? = もうその本を読み終えましたか?
  • I have not finished reading the book yet. = 私はまだその本を読み終えていません。

16. away【離れて】

  • Stay away from me. = 私に近づかないでください。

17. far【遠くに】

  • How far did he go? = 彼はどれぐらい遠くにいったでしょうか?
far awayで「はるか遠くに」という意味になります。
イディオム:as far as…【…まで / …する限り遠くへ】、so far=これまで etc.
  • I went as far as NY. = 私はニューヨークまで行った。
  • Let's run as far as we can. = できるだけ遠くまで走ろう。
  • I don't have any question so far. = 今のところ質問はありません。

18. back【うしろへ / 返して】

  • look back = 振り返る
  • Go[come] back! = 帰れ[戻れ]!
  • talk back = 口答えする

19. by【そばに / ~で / ~することによって】

byは場所・位置を示して「そば」にという意味で使われます。
  • There is a dog by the tree.=あの木のそばに犬がいます。
byは手段を示して「~で」という意味で使われます。
  • This bag is made by hand. = この鞄は手作りです。
by+doingで「~することによって」という意味になります。
  • Let's start today's class by reviewing the last lesson. = 今日の授業は前回の復習から(前回の復習をすることによって)始めましょう。

20. down【下へ / 下して】

  • go down = 下りる
  • She put her back down on the table. = 彼女は鞄をテーブルの上に下した。

21. up【上に / 起きて】

  • look up at the sky = 空を見上げる
  • Wake up! = 起きて!
イディオム:up and down = 上下に、up to (人)=(人)次第、up to date = 最新式の etc.

22. each【それぞれ】

  • It costed 1000 yen each to go there. = そこへ行くのにそれぞれ1000円かかった。
イディオム:each other = お互いに etc.
  • They love each other. = 彼らは互いに愛し合っている。

23. early【早く / 初期に】

  • I wake up early every morning. = 私は毎朝早く起きます。
  • early in April = 4月初頭に

24. late【遅れて / 遅く / 終わりごろ】

  • The bus arrived 1 hour late. = そのバスは1時間遅れて到着した。
  • He always stay up late. = 彼はいつも夜更かしをする。
  • late in the 19th century = 19世紀終わりごろ
late-lyは「最近」の意。

25. either【~かまたは… / ~もまた…ない】

either~or…で「~かまたは…」という意味になります。
  • Either he or I am to blame.=彼か私のどちらかが悪いのだ。
either~or…の後の動詞は、orの後の名詞に合わせます。
eitherは否定文で用いると、「~もまた…ない」という意味になります。
  • I don't like it either. = 私もそれが好きではありません。
否定の意味で同意する場合、Me either.という表現をよく使います。
  • A:I don't like it. B:Me either. = A:私はそれが好きではありません。B:わたしもです。

26. neither【どちらも~でない】

neither~nor…で「~も…もない」という意味になります。
  • They have neither knowledge nor understanding of music. = 彼らは音楽について知識も理解もない。

27. enough【十分】

  • Is the box large enough? = その箱の大きさで足りますか(その箱は十分に大きいですか)?
enough+to doで「~するのに足りる、十分だ」という意味になります。
  • He's old enough to decide for himself. = 彼は自分で決めることができる年になっている(彼は自分で決めることができるのに十分年をとっている)。
it is (形) enough for (人) to doで「(人)が~するのに十分だ」という意味になります。
  • It's warm enough for us to go swiming in the river. = 川に泳ぎに行けるほど暖かいです(川に泳ぎに行くには十分暖かいです)。

28. fast【速く】

  • He can run fast. = 彼は走るのが速いです。
形容詞に-lyを付けると形容詞と同様の意味を持つ副詞になるものがいくつかあります。
  • slow-ly【ゆっくり】
  • quick-ly【早く】
  • sudden-ly【急に】
  • clear-ly【はっきりと】
語尾が-yで終わる形容詞は、yをiに変えてから-lyを付けます。
  • happi-ly【幸せに】
形容詞に-ly を付けると全く意味が変わってしまう副詞があるので注意しましょう。
  • close-ly【綿密に】
closeは「近い」の意。
  • high-ly【極めて】
highは「高い」の意。
  • short-ly【間もなく】
shortは「短い」の意。
  • wide-ly【大幅に】
wideは「(幅が)広い」の意。

29. hard【熱心に】

hard-lyは「ほとんど~ない」の意。
  • She studies French really hard. = 彼女はとても熱心にフランス語を勉強しています。
  • I can hardly believe it. = ほとんど信じられない。

30. here【ここへ】

類義語:there【そこへ】

31. home【家へ】

注意:homeは「家」の意を持つ名詞もあるので間違えやすいのですが、「家へ帰る」と言うときはgo to homeでは誤りで、正解はgo homeです。

32. how【どのようにして / ~の仕方 / どんな状態で】

疑問詞としてhowを用いる際、「どのようにして」という意味になります。
  • How should I go there? = そこへはどのようにいけばいいですか?
how+to doで「~の仕方」という意味になります。
  • I don't know how to play chess. = 私はチェスのやり方を知りません。
How+be動詞+(人)で「(人)の状態はどうですか?」の意味になります。
  • How are you? = お元気ですか?

33. just【たった今 / ちょうど~して】

完了形、過去形でjustを用いると、「たった今」という意味になります。
  • She has just arrived. = 彼女はたった今到着しました。
現在形でjustを用いると、「ちょうど」~しているという意味になります。
  • She is just leaving. = 彼女はちょうど出かけようとしています。

34. much【大いに】

  • I like to play tennis very much. = 私はテニスをするのがとても好きです。
イディオム:as much(~)as…「…だけ多く」
  • Sleep as much as you want. = 好きなだけ眠っていいですよ。

35. very【非常に】

  • He plays soccer very well.

36. well【よく / 上手に】

  • sleep well = よく寝る
  • speak French well = フランス語を上手に話す
イディオム:do well = うまくいく、as well as~ = ~も~も etc.
  • He has experience as well as knowledge. = 彼は経験だけでなく知識もある。

37. next【今度 / 隣に】

  • When can we meet next? = 次いつ会えますか?
next+to~で「~の隣に、そばに」という意味になります。
  • He sat next to me. = 彼は私の隣に座った。

38. now【今】

  • Do it now. = 今やりなさい。
イディオム:now or never! = 今しかない!

39. once【一度 / かつて / 一度も】

  • once a day = 一日に一度
  • He once lived in London. = 彼はかつてロンドンに住んでいました。
否定文でonceを用いると「一度も」という意味になります。
  • I have not met him once. = 私は彼に一度もあったことがありません。

40. out【外へ / 外出して】

  • go out for a walk = 散歩に出ていく
  • He's out. = 彼は外出中です。

41. over【上へ / 一面に / 終わって】

  • A bird flew over. = 鳥が頭上を飛んで行った。
  • all the world over = 世界中に
  • The class will be over at 3. = その授業は3時に終わる予定です。
イディオム:over there = あちらに・あちらでは、over here = こちらに・こちらでは etc.

42. so【そのように / とても】

  • I think so. = そう思います。
  • That's so kind of you. = とても優しいんですね。
イディオム:and so on = など、so called = いわゆる etc.

43.soon【すぐに】

イディオム:as soon as~ = ~するとすぐに、sooner or late = 遅かれ早かれ etc.
  • I will let you know as soon as possible. = できるだけ早くお知らせします。

44. still【まだ】

  • She's still angry. = 彼女はまだ怒っている。

45. then【その時、あの時 / その時 / そのあとで / それなら】

thenは過去または未来の「その時、あの時」という意味を示します。
  • I was living in London then. = 私はその時ロンドンに住んでいました。
前置詞の目的語としてthenをもちいる場合、名詞的に「その時」という意味になります。
  • till[by] then = その時まで[までに]
thenは(しばしばandを伴って、)前に続くことを示して「そのあとで」という意味を示します。
  • I eat breakfast, and then wash my teeth. = 私は朝ご飯を食べて、そのあとに歯を磨きます。
thenは「それなら」という条件を表わす意味でも用いられます。
  • A:I will not go to the party. B:Then I will not either. = A:私はそのパーティーにはいきません。B:それなら私も行きません。

46. together【一緒に】

  • Let's go shopping together. = 一緒に買い物に行きましょう。

47. too【~もまた / あまりにも】

  • She is beautiful, and nice too. = 彼女は美しく、優しくもある。
形容詞、または副詞の前のtooは「あまりにも」という意味になります。
  • She is too beautiful. = 彼女はあまりにも美しい。

48. probably【おそらく】

probablyは「可能性が大きく非常にありそう」という意味です。
  • He probably loves you. = 彼はおそらくあなたが好きです。

49. perhaps【たぶん】

perhapsは可能性はあるが確実性がないことを示します。
  • Perhaps that's true. = たぶんそれは真実かもしれない。
同意語:maybe【たぶん】

50. possibly【あるいは、ことによると】

  • He may possibly recover. = 彼はことによると回復するかもしれない。
possiblyは可能性はあるが必ずしも確実ではないことを示します。

おわりに

副詞には多義語のものも多く、今回は特に多く使う意味だけを取り上げてご紹介しましたが、余裕がある方はほかの意味も調べると良いでしょう。

副詞をマスターすれば、英語の表現力が大幅に広がります。ぜひ楽しんで学習してくださいね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。