\ フォローしてね /

栄養バランスバッチリ!粕汁の作り方

粕汁の作り方をご紹介します。美味しい酒粕が手に入ったときや、野菜不足のとき、温まりたいときにおすすめですよ。

酒粕が苦手な子どもでもOKなように薄めで作り、各自お椀の中で酒粕を追加したりして調節します。

材料(7人分)

  • 豚…150g
  • 大根…3分の2本
  • 人参…小3本
  • 長ねぎ…41本
  • しいたけ…大3枚分くらい
  • あげ…1枚くらい
  • 水…3L
  • 顆粒ダシの素…1袋
  • 味噌…ピンポン球2個くらい
  • 吟醸酒粕…ピンポン球1個くらい

作り方(調理時間:30分)

STEP1:人参を切る

人参は皮を剥き、ヘタと先部分を切り落とし、縦2等分に切ります。

そのうち1個を、縦3等分に切ります。

長さ6cm、幅1mmくらいの短冊切りにします。

STEP2:大根を切る

大根は皮を剥き、縦3等分に切ります。

そのうち1個を、縦4等分に切ります。

長さ6cm、幅1mmくらいの短冊切りにします。

STEP3:長ネギを切る

長ねぎは、3cmくらいの長さで斜め切りにします。

STEP4:他の材料も準備する

シイタケはさっと洗い、軸を取って薄切りします。あげは1cm幅の薄切りにします。画像右端のようにジッパー付きの袋に入れて冷凍しておいたものを使いました。

筆者宅は、シイタケもあげも、すぐ使える大きさに切り、ジッパー付きの袋に入れ冷凍保存しています。作ろうと思ったとき、冷蔵庫内の生野菜と合わせてサッと作れて便利です。

STEP5:煮る

鍋に大根と人参を入れます。

顆粒ダシの素を入れます。強火よりの中火にかけ(10分くらい)沸騰してくるまで煮ます。

STEP6:沸騰したら肉・しいたけを入れる

沸騰すれば、豚肉を入れます。肉類は沸騰してから入れるほうが美味しいです。

しいたけを入れます。

STEP7:すべての具材を入れたら火が通るまで煮込む

あげとねぎを入れます。すべての具材に火が通るまで、さらに15分ほど煮込みます。

大根が透き通ってきたら火が通ってきた合図です。

STEP8:味を付ける

お玉の上に味噌をのせ、お箸で溶かすように混ぜながら味噌を溶きます。

吟醸酒粕も同じように入れます。味噌は長い時間、沸騰させると香りが飛んでしまいます。弱火にして、2分ほどすれば火を止めます。

STEP9:出来上がり!

お好みで薄く輪切りにした鷹の爪を入れます。酒粕が好きな方は追加して溶かしながら食べます。完成です。

さいごに

酒粕は吟醸酒粕、純米酒粕の方が香りも良くて美味しいです。酒粕はジッパー付きの袋に入れ冷凍保存しています。シイタケはサッと洗い薄切りにして、あげも一口に切って冷凍しています。

これらに、冷蔵庫で眠ってる野菜の端切れがあれば利用して、具たくさんで作るので栄養バランスはバッチリです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。