\ フォローしてね /

美味しさをひきたてる!白ワインの保存方法

同じワインでも白ワインと赤ワインでは保存方法が少し異なります。白ワインならではの美味しさをひきたてる保存方法で、上手に保存してみてください。

必要な材料と環境

  • ワインラック
  • 冷蔵庫

具体的な保存方法

開栓前:ワインラックで寝かせて保存

ワインボトルを立てて保存すると、コルクが乾燥してしまい、中に空気が入ってしまいます。そうなると味が損なわれるので、コルクが乾燥しないようボトルはワインラックで横に寝かせて保存します。

高温な場所や直射日光が当たる場所は避け、暗く涼しい所で保存しましょう。

飲む直前:冷蔵庫で保存

赤ワインは常温で飲みますが、白ワインは冷やして飲む方が美味しいです。あくまで好みなので、常温が良い方はそのままで良いですが、冷えてる方がお好みの方は飲む2時間前に冷蔵庫に入れ冷やしておきます。

すぐに開栓するのでここでは立てて置いても大丈夫です。

開栓後:冷蔵庫で保存

開栓後も冷蔵庫で保存して置くと、いつでも飲みたい時に冷えているので良いでしょう。栓はしっかりと閉め、立てておきます。

横に寝かせるとワインが空気に触れる面積が大きくなってしまい、味が変わりやすくなってしまいますので注意しましょう。

著者なりのこだわりポイント

ワインは「呼吸する」と例えられるように周りの空気に敏感です。ワインの味に影響が出ないように、ニオイの強い食べ物や飲み物はワインの側に置かないようにしています。(例えば、キムチや生魚、ニンニクの香りがするものなど。)

注意点

ワインボトルは瓶なので、落として割ってしまわないように気をつけてください。

おわりに

いかがでしょうか。上手に保存して、美味しくワインを楽しんでください。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。