\ フォローしてね /

年収とは?今さら聞けない意味

「年収」という言葉の意味をみなさんご存知でしょうか?辞書的には意味では「1年間の収入の合計」というような意味ですが、世間一般で使われる場合はもう少し詳しく理解しておく必要があります。メディアや統計で使われる場合、「年収=給与収入」のことを指します。またその給与収入が「手取り」や「額面」と呼ばれることもあり、それぞれの意味も違うためしっかり理解しないと話が咬み合わないという事態にも。手取りの計算方法なども含めて、「年収とは?」を当記事でしっかり抑えましょう!

「サラリーマンの平均年収は◯◯万円」とか「最低でも夫になる人には年収これくらい欲しい」「年収アップを目指すにはこの資格!」など、年収という単語はいろいろなところで聞くと思います。

しかし、この「年収」の意味をきちんといえるかと言われると、不安に覚える人も多いのではないでしょうか?なんとなく「1年間に得られる収入かな」というのはわかっても、それがいわゆる手取りなのか、額面なのか、など詳しいことがわからない人もいると思います。

そこで、ここでは「年収とは?」という基本の意味から、使い方まで紹介したいと思います。

年収とは?年収の意味

単に単語の意味としての年収は「1年間の収入の合計」くらいですが、一般的に、メディアや統計で言われる「年収」では、「給与収入」のことを指します。給与収入とは勤務しているところから支払われる給料などのことを指します。ここまではわかりやすいですね。

ややこしくなるのはここからです。給与収入の話をする時によくでてくる単語としては、「手取り」と「額面」と呼ばれるものがあります。

まず、よく使う「手取り」。これは簡単に言うと、手元に入る収入のことですね。この数字は、いわゆる「年収=給与収入」から税金や社会保険料などを引いた額になります。

なぜこんな差がでるかというと、日本では勤務先の会社が、税金や社会保険料を引いてかわりに収めていたりするのですね。そして、それを引いていないものを「額面」と呼んだりします。

つまり、「年収」とは、税金や社会保険料などを引かれる前の、給与収入(=額面)のことを指すことになります。

月20万円が銀行に振り込まれているから、年収が240万、というわけではないということですね。

手取りでは何が引かれているの?

では、いわゆる年収から「いろいろ」引かれているところの、そのいろいろの中には何が入るのでしょうか?

一般的には

  • 源泉税
  • 住民税
  • 社会保険料
  • 雇用保険料

などがあります。これは会社によって違うので、気になる方は、ご自身の給与明細を見てみるといいかもしれません。

求人広告はどう読めばいいの?

ちなみに、求人広告を見ていて「年収が480万」などと書いてある場合、手取りではいくら位もらえるのでしょうか?

もしざっくりと計算したい場合は、年収の8割くらいが手取りだと考えるのがよいと言われています。つまり、2割くらいが引かれるというのが一番簡単な計算になります。

この数字は、扶養家族の有無、社会保険を完備している会社かどうか、また額面の給与によっても変わるので、詳しくは会社に聞いてみるとよいでしょう。

おわりに

年収の意味を説明いたしました。

ビジネスをする上だけではなく、生活でもよくでるワードではありますが、意外と意味を履き違えてしまっていたり、曖昧な人もいるかもしれません。是非とも参考にしてください。

Twitterで紹介!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。