\ フォローしてね /

本格的に始めたい方必読! 焼酎を家でたしなむために知っておきたい基礎知識

(image by amanaimages)

一時期の爆発的なブームのためか、一気にメジャーなお酒の仲間入りを果たした「焼酎」。ビールやチューハイに比べて、なかなか通なイメージのあるお酒だけに、家でじっくり楽しみたいという方もいるのではないでしょうか?

そんな方向けに、焼酎をお家で楽しむために知っておきたい基本知識や「たしなみ方」をまとめてみました。

「甲類」と「乙類」って何?

焼酎売り場で、「甲類焼酎」や「乙類焼酎」という言葉を見かけたことはありませんか? 実はこれ、蒸留法の違いによる分類なのです。

  • 甲類:連続式蒸溜機で蒸溜した、アルコール度数が36度未満のもの
  • 乙類:単式蒸溜器で蒸溜した、アルコール度数が45度以下のもの

もう少し具体的に説明すると、甲類は『大五郎』や『鏡月』など、スーパーでもよく売られている量が多くて安い焼酎を指すことが多いです。

一方、「乙類」は芋焼酎・米焼酎・麦焼酎など、原材料の個性をハッキリと出している焼酎を指すことが多いです。

「甲類」はお茶割りやサワーにして飲まれることが多いので、焼酎そのものをじっくり味わうなら「乙類」がおすすめです。
最近では、甲類は「連続式蒸溜焼酎」、乙類は「単式蒸留焼酎」と呼ばれることもあります。

原料別の特徴と人気製品

「芋焼酎」の特徴

  • 原料:さつまいもと米麹、あるいはさつまいも麹から作られる
  • 代表的産地:鹿児島県・宮崎県・東京都伊豆諸島

ソフトで甘みのある味わいがあり、水または湯と混ぜ合わせても、風味のバランスがくずれないのが特徴です。ただし、サツマイモ独特の風味と後味が特徴的で好き嫌いが分かれます。

『赤兎馬 25度』(濱田酒造)、『赤霧島 25度』(霧島酒造)、『黒霧島 20度』(霧島酒造)などは、ネット通販でも人気です。

「米焼酎」の特徴

  • 原料:米と米麹から作られる
  • 代表的産地:熊本県・全国

伝統的な米焼酎は濃醇な丸味が特徴ですが、近年は吟醸香があり淡麗でキレのある味わいの製品も増えています。香りや味わいが吟醸酒(日本酒)に近いので、焼酎初心者でも取っつきやすいとも言われています。

『鳥飼 25度』(鳥飼酒造場)、『鳥飼 吟香』(鳥飼酒造場)、『よろしく千萬あるべし』(八海醸造)などは、ネット通販でも人気です。

「麦焼酎」の特徴

  • 原料:大麦と大麦麹、あるいは米麹から作られる
  • 代表的産地:大分県・長崎県・九州全県

麦特有の香ばしい香りがあり、軽快な甘味と淡麗ですっきりした風味が特徴のもの(大分産が主流)と、伝統的な製法で作られた濃厚な旨味が特徴のもの(壱岐産が主流)があります。

『いいちこ 25度』(三和酒類)、『中々 25度』(黒木本店)、『吉四六』(二階堂酒造)などは、ネット通販でも人気です。

その他

ラム酒のような芳香とまろやかな甘味が特徴の「黒糖焼酎」、沖縄名産の「泡盛」、フレッシュな香りで健康志向の女性におすすめな「蕎麦焼酎」といった種類の焼酎もあります。

基本的な飲み方

本格焼酎はお酒ごとに個性的な風味を持っているので、まずは別のものを混ぜずに、下に挙げた飲み方で楽しんでみましょう。

生(ストレート)

何も混ぜることなく、そのままで飲む味わい方です。焼酎本来の味や香りを楽しみたい時にはおすすめです。

生で一度飲んでみて、どういった飲み方が適切かを選ぶのもいいですね。

お湯割り

焼酎をお湯で割る、手軽で一般的な飲み方です。香味を引き出し、湯気とともに上がってくる香りを楽しめます。

お湯割りにする時は、60~70度くらいの少し冷めたお湯が、まろやかな旨味を楽しめるのでおすすめです。焼酎6:お湯4で飲む方が多いですが、7:3や5:3など、体調や嗜好と相談して自分なりの分量を探してみましょう。

お湯を先に入れないと上手く混ざらないので注意しましょう。
芋焼酎のお湯割りは、香りが引き立ち、味の輪郭もはっきりするのでおすすめです。

水割り

水で焼酎を割る飲み方です。お湯で割るよりも、香りがソフトになることが特徴です。割る時は、お湯割りと同様に、6:4や7:3といった割合で大丈夫です。

ミネラルウォーターを使うと、焼酎本来の旨味を損ないません。

オンザロック

グラスに氷を入れ、生のまま味わう飲み方です。ストレートと同様に生の味わいを楽しめる飲み方ですが、氷の冷たさでいっそう爽やかに味わえます。

先に氷をグラスに入れてから注ぐようにしましょう。

麦焼酎にはオンザロックがよく合います。

味を損なわない保存方法

焼酎に賞味期間はない

そもそも食品を傷める細菌は、基本的に10度以上のアルコール濃度の環境では生きることが難しいです。焼酎は多くの場合、20度以上のアルコールを含んでいるので、賞味期限は存在しないと考えても問題ありません。

とはいえ、やはり保存方法を上手にすることで、作り立ての味わいを長く保存できるといえるでしょう。

上手な保存のポイント

  • 直射日光の当たらない暗い場所で保存する
  • 極端に暑いところや温度変化の激しいところは避ける
  • 振動がない場所を選ぶ
  • 瓶は立てて置く
  • 空気に触れさせないようにする
ダンボールに入れたり新聞紙に包んだりして、床下収納押入れなどに保存するのがベストです。

開封後はどれくらい持つか?

軽く味を確かめてみて、味や香りに問題が無ければ大丈夫です。上に挙げたポイントを守り、適切に保管していれば、通常3か月~半年くらいは味の変化もなく楽しめます。

おわりに

焼酎ごとに飲み方や使う水を変える、チョカやカラカラなど焼酎に合う酒器を選ぶなどすると、より一層、焼酎の豊穣な世界が楽しめるかと思います。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。