\ フォローしてね /

「あ、ウマいじゃん」と思ったら!「日本酒」をお家で楽しむたしなみ方

若い方を中心に何かと苦手意識の高い「日本酒」。しかし、飲んでみると意外と美味しかった、なんて方も多いのではないでしょうか?

そんな最近ちょっと日本酒にハマり始めた方向けに、日本酒を本格的に楽しむための「たしなみ方」をご紹介します。

自分にピッタリはどれ?日本酒の種類と選び方

日本酒は大きく分けると4種類

日本酒は、香りと味わいで分けると、以下の4種類に分類されます。

  • 香りの高いタイプ」(味:淡い/香り:高い)
  • 熟成タイプ」(味:濃い/香り:高い)
  • 軽快で滑らかなタイプ」(味:淡い/香り:低い)
  • コクのあるタイプ」(味:濃い/香り:低い)

以下、4つの種類の特徴について紹介します。

1:「香りの高いタイプ」の特徴

甘くフルーティーな香りと軽快で爽やかな味わいが特徴です。甘い風味を感じさせるものから辛口のものまで、さまざまなタイプが存在します。

米の良い部分だけを使っているので、他のタイプに比べると少し値が張ります。

主に、大吟醸酒系吟醸酒系がこのタイプに当てはまります。

2:「熟成タイプ」の特徴

芳醇な香りと、とろりとした甘味や深い酸味、ボリューム感のある旨味が合わさった重厚な味わいが特徴です。ドライフルーツやアーモンド、バターやシナモンに近いと言われることも多いです。

主に、長期熟成酒系古酒系がこのタイプに当てはまります。

3:「軽快で滑らかなタイプ」の特徴

香りは全体的に控えめですが、みずみずしく清涼感のある含み香を持ち、淡麗辛口の爽やかでキリッとした味わいが特徴です。飲みやすいと感じる人も多いそうです。

主に、普通酒系本醸造酒系生酒系がこのタイプに当てはまります。

4:「コクのあるタイプ」の特徴

原料である米のふくよかな香りと、充実した旨味を感じさせるコクのある味わいが特徴です。炊きたてのご飯のような香りを楽しめます。

主に、純米酒系がこのタイプに当てはまります。

基本的な飲み方

冷酒

日本酒を冷まして楽しむ飲み方です。ビールなどと同様に、7~10℃が飲み頃です。容器ごと冷蔵庫で冷やしておけば、いつでも手軽に冷酒を楽しめます。

燗酒

日本酒を温めて楽しむ飲み方です。「燗」とは40~60℃に温めることを指し、中でも、50℃前後を熱燗、40℃前後をぬる燗と言い、その中間の45℃前後を適燗(または上燗)と言います。

このように、燗酒にも温度の幅はあるので、美味しいと感じる自分なりの適温を見つけましょう。

常温

日本酒を15~20℃くらいの温度で楽しむ飲み方です。常温で飲むことを「ひや」とも言います。お酒本来の味がわかることから、通の方には好まれます。

オンザロック

ロックグラスに大きめの氷を入れ、よく冷やした日本酒を注ぐ飲み方です。氷が溶けないうちに飲める量を注ぐようにしましょう。

美味しく日本酒を飲むためのコツ

お酒に合わせて温度を選ぶ

先ほど、日本酒の4つのタイプを紹介しましたが、それぞれに美味しく味わえる温度というのは異なります。以下の飲用温度を目安に、お酒ごとに適した飲み方を心がけましょう。

  • 香りの高いタイプ:冷酒~常温(8〜15℃)
  • 熟成タイプ:常温(15〜25℃)/少し冷た目のぬる燗(35℃前後)
  • 軽快で滑らかなタイプ:少し冷た目の冷酒(5〜10℃)
  • コクのあるタイプ:常温(15〜18℃)/適燗~熱燗(40〜55℃)

お酒に合った酒肴を選ぶ

お酒には欠かせない酒肴も、4つのタイプごとに味を引き立てる料理は異なります。

香りの高いタイプ:白身魚の刺身やマグロのカルパッチョなど、淡白な素材を爽やかに味付けしたものがよく合います。

熟成タイプ:脂の多いものやハードタイプのチーズなど、味が濃かったり熟成した味わいが楽しめる料理がよく合います。

軽快で滑らかなタイプ:どんな料理にも良く合います。冷奴などのわりと軽いタイプの料理と一緒に飲むのが一般的です。

コクのあるタイプ:酒盗や煮付けなど、しっかりとした味付けの料理とよく合います。

味を損なわない保存方法

保存する時のポイント

  • 温度変化をできるだけ少なくする
  • 涼しいところを選ぶ(20℃前後)
  • 直射日光は厳禁(蛍光灯の光も紫外線を含むため避ける)

日本酒を保存する際は、上に挙げた条件を守りましょう。冷蔵庫に入れるのが難しければ、床下収納や押入れの中でも構いません。

飲み残したお酒をしばらく保存する場合は、小瓶に移し変えて、瓶内の空気の量を少なくして冷蔵保存しましょう。

開封後は?

開封後は冷蔵個で保管し、なるべく早く飲み切るようにしましょう。一度栓を開けてしまうと、急速に劣化が進み、味が劣化してしまいます。

おわりに

実際に飲んでみて日本酒の味にハマったら、お猪口や徳利などの酒器類にこだわってみてもいいですね。細部や演出にこだわるほど、日本酒は美味しく飲めるはずですよ。

Twitterで紹介!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。