1. 料理
    2. ちょっとした工夫でOK!お米の美味しさを最大限に引き出す炊き方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ちょっとした工夫でOK!お米の美味しさを最大限に引き出す炊き方

    日本人のソウルフードと言っても過言ではないお米。毎日欠かさず食べる人も多いですよね。

    どうせならおいしく食べたいって人のために、ここではちょっとした工夫でおいしいご飯を炊く方法をご紹介します!

    おいしいお米を研ぐ方法

    STEP1:研ぎ方のポイント

    お米を研ぐときに、しっかり力を入れてギュッギュッと研いでいる人をよく見かけますが、実はその研ぎ方、NGなんです!

    正しい研ぎ方のポイントは「優しく・素早く・丁寧に」。力を入れすぎるとお米が割れてしまったり、不要ではない成分まで削られてしまったりします。

    まず、お米を計量したら水でさっとすすぎます。たっぷりめの水を注ぎ、2~3度ほど手で軽くかき混ぜ、すぐに水を捨てます。

    ここはお米の表面の汚れを落とすぐらいのつもりで、本当にさっとで構いません。お米は最初の水を最も吸収するので、汚れてしまったこの水をなるべく吸収してしまわないよう、洗ったらすぐにこの水は捨てましょう。これをもう1度繰り返します。

    2度目に水を捨てたら、お米を20回ほど手でかき混ぜます。少し残った水が白く濁っていきます。この濁った水を捨てるように、たっぷりめの水ですすぎます。

    これで米研ぎは完了です。まだ水を入れると濁りますが、これは汚れやぬかではなくお米のデンプン成分なので、問題ありません。

    STEP2:水加減のポイント

    炊飯器で炊く場合は分量通りの水、土鍋で炊く場合は吸水後のお米と同量の水が適量になります。お好みで、柔らかめにしたければ少し少なめ、固めにしたければ少し多めにします。

    ただし、新米の場合は古米に比べて水分量が多いので、若干水を少なめにしましょう。また無洗米の場合は、通常の1割増し程度の水が適量となります。

    STEP3:吸水のポイント

    お米を水につけたまま置いておき、お米に吸水させます。夏場なら30分、冬場なら2時間程度は浸けておきましょう。浸けておくと、お米が柔らかくなり、全体が白濁したようになります。

    炊飯器によっては、自動化されていて吸水不要のタイプもあります。お使いのものの説明書をご覧ください。

    土鍋で炊く場合は、STEP2で述べた通り、この吸水後のお米と同量の水で炊くことになります。吸水したお米の水気をしっかり切り、体積を計って、同量の水を入れて炊きましょう。

    炊飯器を使う場合

    炊飯器の場合は、スイッチを押すだけなので特に難しいことはありません。ただし、タイマーなどを使うと吸水時間が長くなりすぎてしまい、おいしくなくなったり菌が発生したりしてしまいます。なるべくならタイマーの使用は控え、適切な吸水時間を守りましょう。

    また、炊けた後に10~15分ほど蒸すだけで、炊飯器で炊いたご飯でもぐっとおいしくなりますよ。なお、炊けたらすぐに蓋を開けて蓋の裏側についた水滴をさっと拭いておきます。またご飯はしゃもじで切るように混ぜておきましょう。余分な水分が飛び、均一な炊きあがりとなります。

    土鍋を使う場合

    土鍋での炊飯は難しそうなイメージがありますが、実はとても簡単。そしてとてもおいしいご飯が炊けます!

    まず、鍋を火にかけたら中火で沸騰するまで加熱します。沸騰したら火を弱火にして、15分。たったこれだけです!弱火で15分加熱したら火からおろし、10分ほど蒸らします。

    「沸騰したら15分」これだけを覚えておけば、基本はOKです。慣れないうちは途中で蓋をあけて、確認しながらやってみてくださいね。もし弱火で15分加熱しても鍋の中に水分が残っているようなら、水がなくなるまで弱火で加熱し続けましょう。

    一工夫してみよう!ご飯を炊くときの裏ワザ

    ご飯を炊くときに、あるものを加えるだけでおいしくなる!という裏ワザがあります。いくつかご紹介しましょう。

    • みりん:米1合に対し大さじ1/2程度
    • 酒:米1合に対し大さじ1程度
    • はちみつ:お米1合に対し大さじ1/2程度
    • 備長炭

    また、以下のような裏ワザも。

    • 硬水ではなく軟水を使う
    • 冷水や氷水を使う

    冷たい水を使うと熱が伝わるのが遅くなるので、その分粘りが出てもっちりしたお米になるそうです。

    冷凍保存したお米をおいしく食べる方法

    お米をたくさん炊いたら、冷凍して保存しておくという方も多いですよね。そんな冷凍ご飯をおいしく食べる方法があります。

    上手な冷凍の方法

    冷凍をする際には、一度に食べる分に分け、ラップで包むなどして密封します。空気が入らないようにするのが大事です。

    包むときには、平らな状態になるように形を整えます。この方が早く凍るので、旨味も凝縮されるし、冷凍庫の電気代もお得です。

    上手な解凍の方法

    冷凍ご飯はラップから外したり容器から出したりしてから、ラップをかけて電子レンジで解凍します。

    その際、水か酒を少量加えてから解凍させると、ふっくらとしたご飯になりますよ。

    なお、冷凍したご飯は1ヶ月以内には食べきるようにしましょう。いくら冷凍しても、時間が経つとおいしくなくなってしまいますよ。

    少しの工夫でぐっとおいしくなる

    意外に知らない人も多い、ご飯のおいしい炊き方をご紹介しました。ちょっとした工夫で、おいしくお米を炊くことができますよ。毎日食べるお米だからこそ、ぜひ炊き方にはこだわってみてくださいね!

    (image by PIXTA 1 2)

    このライフレシピを書いた人