\ フォローしてね /

スポーツメディカルアドバイザーが教える!ランニングシューズのサイズ選び(動画あり)

良いランニングシューズを選んでもサイズが足に合っていなければ意味がありません。ランニング中のケガを防ぐためにもサイズ選びは重要です。

そこで今回は、ランニングシューズのサイズの選び方・決め方を紹介します。

本記事は、スポーツメディカルアドバイザー湯本優氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

ランニングシューズのサイズ合わせ

STEP1:かかとを合わせる

靴下を履いて靴を履いたら、まずかかとを合わせます。履いたまま、かかとでトントンと地面を叩き、かかとのスペースを詰めます。

STEP2:指先のスキマを確認する

シューズ選びには、つま先の余裕が必要です。ランニング中は足が前後に動くため、足のサイズピッタリのシューズだと、足がシューズにぶつかり血豆などができたり、痛くなったりしてしまいます。

先端にスペースがあるか確認
足の親指と靴の先端に、手の親指の第一関節の半分くらい、爪の大きさほどのスペースがあるかを確認します。

STEP3:靴ひもをしっかり結ぶ

最後に、靴ひもをしっかりと結んで違和感や痛みがないかを確認します。特につま先近い部分はしっかり締めるようにしましょう。

ひもは上に向かって順に締める
つま先に近い部分から、上に向かって順番に締めていくのがポイントです。

ほどけない結び方

走っているとよく靴ひもがほどけてしまうことがあります。特に、レース中などは心配になるのではないでしょうか。

走っている途中にひもがほどけないようにするには、二重に結ぶといいでしょう。1回蝶々結びで結んだ後、2つの輪っかを交差させるようにもう一度結びます。

おわりに

ランニングシューズのサイズを合わせる方法を紹介しました。自分のサイズに合った良いシューズを選んで、ジョギングやランニングをより楽しい物にしましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。