\ フォローしてね /

折り紙で作る 12面体の折り方

まるでSF映画に登場するような未来感溢れるこの形。このレシピでは12面体の折り方を説明します。

用意する材料

  • 折り紙12枚(好きな色で良いです。)

12面体の1パーツ作り方

以下で紹介する折り方は1パーツの作り方です。このパーツを合計12個作ります。

STEP1:十字の折り目を付ける

色付きの面を下に向け、半分に谷折りして開き、また半分に谷折りし、十字に折り目がつくようにします。

STEP2:横長の4つの長方形に分割しているような折り目を付ける

下の辺を中心線まで谷折りにし、また、上の辺を中心線まで谷折りします一枚の紙に3つの折れ線がつき、横長の4つ長方形に分割できます。

STEP3:8分の1になるように折る

下の辺を先ほど折った折り目(STEP2で折った折り目、下4分の1の場所)に向かって谷折りし、また上の辺を先ほど折った折り目(STEP2で折った折り目、上4分1の場所)に向かって谷折りします。

折ると、この様になり、表の色が8分の1づつ上と下に出てきます。

STEP4:半分に谷折りする

上の辺と下の辺を合わせて、半分に谷折りします。

STEP5:上から下に折り下げる

開く方を上に向けて、中心から右下斜め角を谷折りの折り線とし、右上の角を下に折り下げます。また、左側も同じく、中心から左下斜め角を谷折りの折り線とし、左上の角を下に折り下げ、左右対称にします。

裏面も同じ折り方をしてください。

このような形になります。

STEP6:頂点を開く

頂点を開きます。

斜めに折った部分が重なりますので、下の2枚を入れ込むようにしましょう。

STEP7:裏返し、1か所だけ折る

裏返し、斜め下の辺から中心線へ谷折りします。

STEP8:すべてを開く

折ったものをすべて開き裏向きにします。画像のような折れ線ができています。

折れ線が大事です。

STEP9:ひし形の辺へ外側の辺を合わせるように谷折りする

ひし形の右下の辺へ四角形の右下側の辺を合わせるように谷折りします。

残りの3か所も同じように谷折りします。

4か所を谷折りするとこのようになります。

STEP10:斜めの折り目の通りに谷折りする

上下を入れ替えて、斜めについた折り目の通りに谷折りしていきます。

ただし、左下、右上、左上、右下といった順番で折ってください。

左下を谷折りします。

右上を谷折りします。

折りやすいように上下を入れ替え、折られている方と反対側を上に被せるように谷折りします。

残りの1箇所も一つ前の手順と同じようにかぶせて折ります。

STEP11:真ん中を谷折りにし飛び出ている箇所を組み合わせる

半分に谷折りしながら上のでている部分下のでている部分組み合わせ、三角形を作ります。

組み合わせ途中です。出ている部分をお互いしまい込むようなイメージです。

組み合わせるギリギリを上から見ると画像のようになります。

そして、組み合わせきると、三角形になりました。

STEP12:左右の角を上の折り筋まで谷折りする

上の折り筋の左側に右角先を合わせるように谷折りにします。

同じく、上の折り筋の右側に左角の先を合わせるように谷折りにします。

STEP13:1パーツの出来上がり

1つのパーツができました。

好きな色の折り紙で、同じ形のパーツを12個作ってみてください。

12面体のパーツを組み合わせる方法

ここでは説明のために、黄色・緑・青のパーツを使用します。

STEP14:上の三角形左辺に別パーツの左下の角を差し込む

黄色のパーツの上の三角形左辺へ緑色パーツっを底辺は上に向けた状態で左下の角を差し込みます。

STEP15:差込まれているパーツ右辺に別パーツ右下の角を差込む

黄色いパーツの右辺に新しい青色のパーツ右下の角を差し込みます。

底辺同士(緑色のパーツ底辺と青色のパーツ底辺)は向かい合います。

STEP16:新しいパーツ上部三角形左辺と右辺に左角と右角を差込む

新しい黄色パーツの上部の三角形左辺へ青色の左下の角を差し込みます。同じく、黄色パーツの三角形右辺へ緑色の右下の角を差し込みます。

裏から見ると画像の用に繋がっています。右にあるオレンジのパーツは最初に組み合わせた黄色パーツを分かりやすく見せるために交換しました。

この組み合わせが基本です。

STEP17:組み合わせ基本(STEP14~STEP16)を2個作る

ピンクの4パーツと茶色の4パーツを基本通りに組み立てます

ピンクと茶色を合わせます。まず、ピンクの右辺と茶色の左辺を合わせます(パーツの底辺と底辺をあわせます)ピンクの左辺と茶色の右辺を合わせます(パーツの底辺と底辺をあわせます。)

ただし、手で支えないと、分かれてしまいますので、仮止め等をすると組み合わせしやすいです。(剥がせるタイプのテープ等使うとよいでしょう。)

ピンクと茶色を合わせるとこんな感じになります。(パーツの底辺と底辺が合わせています。)

STEP18:ジョイント(同じパーツ)を使ってピンクと茶色を完全に組み合わせます

ジョイントにはこの2つのパーツを使います。

この黒で囲ったところは見える部分です。

これに、ジョイントを組み込みます。(パーツが2個必要です。)

1個めを組み込みます。角を各ポケットに入れ込みます。

2個めを組み込みます。角を各ポケットに入れ込みます。

パーツの底辺と底辺を合わせます

裏返します(裏にもジョイントを組み込みます)

裏にもジョイントを組み込みます。(パーツが2個必要です。)

1個めを組み込みます。角を各ポケットに組み込みます。

2個めを組み込みます。角を各ポケットに入れ込みます。

パーツの底辺と底辺を合わせます。

STEP19:出来上がり

たくさんの色を使って多面体を作ると楽しいと思います。

もし、仮止めした場合は仮止めを外してください。

上手に折るコツ

折り目をきちんとつけ、折り線を確認し、折り線通りに丁寧に作りましょう

組み合わせ:基本通り組み合わせましょう。

4つのパーツを組み合わせたもの(基本)を2組作り、ジョイント(パーツ2個)で組み合わせます。
ポイント:底辺と底辺は合わせましょう。

できましたか?

お疲れ様でした。12個のパーツを折り、組み合わせる作業はかなり手間がかかりますが、出来上がった時の達成感はかなり嬉しいです。どうぞ、ためしてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。