\ フォローしてね /

スポーツメディカルアドバイザーが教える!ランニングの正しい足の運び方(動画あり)

走るときには、正しいランニンフォームはとても重要です。良いフォームで走ると、無駄な力を使わず長く走れるようにもなるのです。

そこで今回は、ランニングフォームの中でも正しい足の運び方を説明します。

本記事は、スポーツメディカルアドバイザー湯本優氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

正しいランニングフォーム

ポイント1:まっすぐ着地をする

つま先は外に広がらず、内側に入らず、まっすぐに前に向けて足を着地させます。

ポイント2:まっすぐ蹴りだす

蹴り足が外に向くと、膝に負担がかかります。蹴りあげた足もまっすぐ後ろに出すように意識しましょう。

ポイント3:へその位置を高いまま走る

へその周りの力を抜いて走ると、踏み込むときに体が沈み込み、へその高さが上下します。体が沈み込むと、それだけ体を持ち上げる力が必要になります。

そこで、腹に力を入れてへその位置は高いまま保って走るようにしましょう。高いままキープすると、地面を蹴る時間も減るので無駄に力を消費することもありません。

おわりに

ジョギング・ランニングをするときの、正しい足の運び方を説明しました。より良いランニングフォームで、楽しく走りましょう!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。