\ フォローしてね /

固定長期適合率って何?覚え方と使い方

このライフレシピのもくじたたむ

固定長期適合率ってなんだか仰々しい言葉ですよね。でもその意味はそれほど複雑ではありません。

このレシピでは長期固定適合率の式の覚え方と使い方をご紹介します。

長期固定適合率

式の覚え方

長期固定適合率は安全性分析の指標です。

「長期」というのは長期的な資金という意味で、ここでは「自己資本と固定負債が該当します。

「固定」というのは固定資産のことです。

この「長期的な資金」と「固定資産」がどれぐらいの割合なのか、それが適した割合なのかを表す指標なので「長期固定適合率」といいます。

使い方

貸借対照表の右側は「お金をどのように集めたか」を、左側は「お金をどのように使っているのか」を表しています。

長期固定適合率の分母は「自己資本+固定負債」です。自己資本には株主から出資されたお金や利益の蓄積などが含まれ、固定負債には長期間返済不要な借入金などが含まれます。どちらも長期性の資金と言えます。

分子は「固定資産」です。固定資産は資金を投下して長期間かけてその資金を回収します。長期間かけて資金を回収するため、長期性の資金が必要になります。

そこで固定資産を長期性の資金でどのぐらい賄えているかを表す指標である長期固定適合率が必要になります。

長期固定適合率が100%を超えると、資金繰りが厳しい状態と判断できます。

おわりに

長期固定適合率は貸借対照表だけで計算できます。流動比率やインタレスト・カバレッジ・レシオとともに安全性を分析しましょう。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。