\ フォローしてね /

英会話の苦手な人へ 2つの弱点克服法

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

昔から「英会話が難しい」という声をよく聞きます。英文を読んで訳すのはできるけれども、聞いて話すのはどうも・・・ということなのです。これは日本の英語教育の弊害ともいえることかも知れませんが、今更そんなことを言ってみても仕方ありません。

ちょっとした訓練を積み重ねていけば、それなりに何とかなるものなのです。

2つの弱点克服方法

会話が苦手

会話が苦手という方に共通して言えることですが、相手の話す内容を最後まで聞いてから頭の中で日本語式に並べ替えようとしていませんか?こんなことをやっていたら、とても英語を聞きながら同時に理解していくことなど不可能です。これは英文解釈においても同じです。

英語と日本語では構文が全く違います。日本語は述語が最後にあらわれますので、最後まで聞かなければ結局どういう内容なのかわかりません。

英語の読み方、聞き方は、原則として文の先頭の語から順番に聞き込んで(読み込んで)いくのです。

たとえば、

「I went to the library to study English.」
(私は英語を勉強するために図書館へ行った)

という文があった場合、日本語的な聞き取り方(読み取り方)をしていると、'文を最後まで聞き終わって(読み終わって)から、「I English study to the library went」のように並べ替えをしなければなりません。

こんなことをしていたら、どんなに時間が合っても会話のスピードにはついていけません。それよりも、そのまま英語の語順通りに理解していくのです。

つまり、

I went(私は行った)/to the library(図書館へ)/to study English(英語を勉強するために)

という理解の仕方でよいのです。

リスニングが苦手

リスニングが苦手という人は、英文を聞きながら(読みながら)日本語に訳していませんか?聞く(読む)という能力と訳すという能力は全く別モノであり、別のプロセスであると認識される方がよいでしょう。

たとえば、NHKワールドでもCNNでもよいですが、英語のニュースを聞いてみてください。とてもスピードが速いですよね。天気予報なんて、もっともっと速いです。それをいちいち日本語に訳しながら聞いていたのでは、いくら頭から聞き込んでいったとしても内容の理解がとても追いつきません。

まして、途中で意味のわからない単語が出てきたらそこで思考がストップしてしまい、そこから後の文章はほとんど頭に入ってきません。リスニングの苦手な人にこういうパターンが非常に多いのです。

まず、訓練の仕方として、たとえばインターネットのサイトNHKワールドなどで一日中部屋の中で音声を流しっぱなしにしてみましょう。そして、耳から入ってくる単語の意味は無視して、何の単語を発音しているかだけに集中して聞いてみてください。

あくまで日本語の意味は無視してください。まずは音声だけを聞き取るようにすることが重要なのです。この時、文章の中のキーワードを探すようなことは絶対にしないでください。

キーワードを探そうとすると、自分の中で勝手に意味を推測して作り上げてしまう恐れがあります。これは文章を理解する上では大変危険なやり方ですので注意してください。

これを3ヶ月ほど継続すればかなり耳が慣れてきます。時事英語の場合は、ジャンルによって特殊な単語が多く表れますので、最初は知らない単語が多くて困るでしょうけれども、逆に言うと、ずっと聞いていれば、同じジャンルの内容なら手に取るように言っていることが理解できるようになります。

最初は聞き取る文章について行くのに精一杯だったのが、次第に、文章よりも先回りして次の単語を待ち受けられるようになってきます。これが本当に聞き取る(読み取る)ことが出来た状態なのです。

おわりに

誰でも簡単に英語を聞いたり話したりできるようになればいいですが、やはりローマは1日にしてならずということわざのように、地道に努力を続けるしかありません。学問に王道はないのです。

ともかく、今日から実践してみましょう!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。