1. 暮らし
    2. 長く大切に履きたい!ブーツの収納方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    長く大切に履きたい!ブーツの収納方法

    ブーツが活躍するシーズンもオフシーズンでも、お気に入りのブーツはいつでも気持よく履けるよう、しっかり収納しておきたいものですね。ブーツの収納方法を紹介します。

    シーズン中の収納方法

    STEP1:アロマオイルを含ませたコットンをブーツに入れる

    アロマオイルとコットンを用意します。アロマオイルはお好きなものをチョイスしてOKです。

    乾燥させたブーツの汚れを落としてお手入れした後、コットンにアロマオイルを1~2滴染み込ませたものをブーツの中に入れます。

    アロマオイルの特性上、ペットを飼っている方、妊娠中や持病をお持ちの方、乳幼児がいる場合の使用には細心の注意が必要です。それぞれ、使用出来るもの・使用を避けた方が良いものがあります。不安な方は、専門家や医師にご相談のうえ、使用することをおすすめします。

    STEP2:丸めた新聞紙をブーツに入れる

    新聞紙を丸めたのもをブーツに入れて靴箱にブーツを収納します。

    新聞紙がない方は、市販の湿気取り剤や炭などを利用しましょう。お値段も高いものではありませんので、いくつか入れておけば下駄箱のニオイも軽減されておすすめです。型くずれ防止にはブーツキーパーやチラシなどを使用して対策すると良いでしょう。
    新聞紙は定期的に新しいものに交換しましょう。

    湿気・ニオイ対策

    湿気対策

    ブーツは完全に乾燥させてから、靴箱に収納するようにしましょう。筆者の場合、常温で乾きそうな気温のときは玄関で、冬場など寒い季節には、玄関の温度が低くブーツが乾きにくくなるため、室内にブーツを持込んでブーツを乾燥させています。

    湿ったまま収納してしまうと、靴箱の中は通気性が悪く湿気が溜まりやすい場所ですので、カビが生えてしまうことがあります。また、除湿剤を使用したり、定期的に靴箱を開けて湿気がこもらないよう対策しましょう。

    ニオイ対策

    ブーツの中は雑菌が繁殖しやすいので、履いた後は中敷きの部分を拭いて、清潔にしておきましょう。また、市販の中敷きを敷き、定期的に中敷きを洗えば衛生的で、ニオイ対策にもなります。

    おすすめのアロマオイル

    除菌・消臭に効果的と言われているアロマオイルには、以下の様なものがあります。

    • ユーカリ
    • ペパーミント
    • レモングラス
    • レモン
    • ラベンダー
    • ティートリー
    • ローズマリー
    • ローズウッド

    履かない季節の収納方法

    履かない季節の場合、チラシを丸めたものをブーツの中に入れ、ブーツの型くずれを防止します。

    要らなくなった靴下に木炭を入れ、更にそれをブーツの中に入れておくことで湿気がつかないよう対策するのも◎!

    最後に埃がつかないよう不織布製の袋に収納し、季節の靴を収納している靴箱上に設置してある、カラーボックスの空いている隙間にまとめて保管しています。

    おわりに

    ブーツが活躍するシーズンは長いので、少しでも長く良い状態で履けるよう、大切に収納しましょう。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人