\ フォローしてね /

手軽に用意できるエサを選ぼう!カブトムシのエサやりのポイント【体験談・虫画像あり】

筆者は、近所の人からカブトムシを5匹(雄3匹、雌2匹)もらいました。家庭菜園をやっている小さな農地で見つけたそうです。

カブトムシは大食漢だそうですが、筆者のカブトムシも沢山食べます。エサを見つけると、長い時間エサに吸い付いて離れません。

カブトムシはエサをかじって食べているのではなく、果汁や樹液を吸って飲んでいます。このため、果汁の多い果物や、砂糖水、昆虫ゼリーなどを好みます。

エサは毎日新しいものに交換した方が、コバエの発生を防げます。エサは交換しやすい、飼い主の負担にならないものを選びましょう。

ここでは、筆者がカブトムシに与えているエサをご紹介します。

果物

果物を与えるなら、バナナが最適です。安価なのでスーパーやコンビニなど、何処にでも売っているので、入手しやすいです。

カブトムシも大好きなようで、夢中で食べています。包丁で皮付きのまま5等分に切って、置いておきます。

エサの数が少ないとエサを取り合ってケンカするので、複数のカブトムシを飼っている場合は、ケンカしないようにエサもたくさん置いてあげましょう。

朝カブトムシがみんな土にもぐっている間に、割り箸でバナナをつまみ出し、新しいバナナと交換します。夕方から夜になるとカブトムシが出てきて、美味しそうに食べています。

与えてよい果物は、バナナ、桃、リンゴなど水分の少なめのものです。

昆虫ゼリー

ホーマックなどで昆虫ゼリーを売っています。フタを空けてそのまま飼育容器の中に置いておきます。バナナと同じように、カブトムシは沢山食べます。

筆者の家の近所にはホーマックがないので、多少入手しずらいですが、他の買い物に出かけた際に一緒に買ってきました。

昆虫ゼリーは消臭剤も入っていたりするので、虫かごの臭いが気になる方はバナナより良いと思います。

昆虫ゼリーも、カブトムシが取り合ってケンカしないように、1匹につき1つ与えましょう。朝になってカブトムシが土にもぐっている間に、新しいものと交換します。

写真のように、顔をゼリーに突っ込んでたくさん食べています。

与えてはいけないもの

スイカ、メロンなど水分の多すぎる果物は下痢をするので、与えないようにします。キュウリのような水分の多い野菜も止めましょう。

注意点

筆者は、バナナと昆虫ゼリーだけを与えています。本来は樹液を吸って生きている昆虫なので、むやみに色々な食べ物を与えない方が良いでしょう。

飼い主の負担にならない、入手しやすいエサをひとつかふたつ決めて、毎日新しいものを与えると良いと思います。

おわりに

カブトムシは沢山エサを食べます。食べ過ぎるということはなく、お腹いっぱいになると自分で食べるのを止めるので、多めに与えます。

毎日のお世話は多少面倒ではありますが、美味しそうにたくさん食べてくれるので、エサの与えがいがありますよ。

コバエなどの発生を防ぐためにも、新鮮なものを与えてあげてください。

(imaged by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。