\ フォローしてね /

ひらがなに直す書き下し文の学び方

ここでは、漢文の書き下し文について、センターでどう聞かれているか、を考慮した上で解説しています。

漢文対策におすすめなハウツーはこちら!
高校「国語・古典」のハウツー<漢文>

ひらがなに直すもの

書き下しにおいて、助詞・助動詞にあたる語は、漢字のまま表記するのではなく、ひらがなに直して書き下します。

ひらがなに直す文字の種類

助動詞

  • 不・弗(ず)・・・打消しの助動詞「ず」
  • 見・被・所(る、らル)・・・受身の助動詞「る・らる」
  • 使(しム)・・・使役の助動詞「しむ」
  • 可(べシ)・・・推量の助動詞「べし」
  • 若・如(ごとシ)・・・比況の助動詞「ごとし」
  • 也(なり)・・・断定の助動詞「なり」

助詞

  • 之(の)・・・格助詞「の」
  • 自・従(よリ)・・・格助詞「より」
  • 与(と)・・・格助詞「と」
  • 者(は)・・・係助詞「は」
  • 乎・哉(か、や)・・・係助詞「か、や」
  • 耳・己(のみ)・・・副助詞「のみ」
カタカナは送り仮名です

再読文字

少し特殊なものに、再読文字があります。再読文字は必ず返り点が付き、1度目は返り点を無視して書き下し、その後返り点に従って戻ってきた際にそれぞれの再読文字の2つ目の読みをひらがなで書き下します。

詳しくは、こちらの記事を参照にしてもらえれば、と思います。

注意点

也は「や」と読むこともありますが、いずれにせよひらがなでの表記です。

可は「かナリ」と読むこともありますが、大部分が「べシ」です。

若・如は「しク」と読むこともあります。大抵「不ㇾ若(如)」の形で「若(如)かず」と読みます。

おわりに

どのような意味であるかは、さほど重視しなくていいでしょう。使役、受身などは、構文として扱われることが多いので、意味をよく聞かれますが、それ以外に関しては、読めますか?ひらがなにできていますか?という程度の出題です。

特に、者に関しては、「は」と読めることを意識せずに、「もの」としてしまいがちなので、気をつけましょう。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。