\ フォローしてね /

自由にのびのびさせよう!カメとのスキンシップ方法

著者の家には飼い始めて3年になるクサガメ(オス)がいます。名前はかめこです。子供の時に性別が分かりにくく、適当に勘で名付けたら勘が外れました。そんな、かめこが喜んでいるスキンシップについて、幾つかご紹介いたします。

著者が飼っているカメの普段の性格や行動パターン

かめこは好奇心旺盛で遊び好き、冒険好きですが、基本的に穏やかな性格です。ただ、お腹が空いた時は攻撃的になります。

かめこは朝日と共に目覚め、朝ご飯を摂った後から就寝するまで自由時間です。甲羅干しをしたり、お昼寝したり散歩したり遊んだりして過ごします。

同じ水棲カメでも、ミシシッピアカミミガ(ミドリガメ)より、クサガメの方が比較的穏やかで人に懐くと言われています。カメによっては気性が荒いカメもいます。

スキンシップの具体的な手順

STEP1:優しく名前を呼ぶ

甲羅干しをしていたら、名前を呼びながらそっと甲羅を撫でます。

STEP2:水槽の外に出す

空腹でなく甲羅干しに飽きた様なら、タオルで拭いて水槽の外に出します。

STEP3:家の中を散歩させる

膝や足に乗ってきたら、名前を呼びながら甲羅を撫でます。

カメが喜ぶこと

カメも広い場所が好き

人間と同じ様に、カメも遊んだり、広く快適な場所で自由にのびのび過ごすのが大好きです。

クサガメは基本的に水棲カメと言われますが、著者が飼っているカメは、食事や水を摂る時、睡眠時間、排泄時以外は水槽の外にいるのが大好きです。部屋の中をぐるぐる探検したり、座布団や著者の膝の上で眠ることもあります。

カメが嫌がること

乱暴に振る舞う

人間と同じで、大きな声で怒鳴ったり、水槽をガンガン叩いたり、乱暴にすると、警戒心だけが強くなり、心を閉ざしていつまでもスキンシップは取れません。カメは、出来るだけ穏やかで和やかな雰囲気で優しく育てましょう。

まだ著者の家にやって来たばかりの頃怯えてシェルターに閉じこもっていた為、歌いながら名前を呼んで、シェルターから出すことに成功しました。

柔らかい部分を触る

手や尻尾など、柔らかい部分を触るのは嫌がりますが、時々甲羅をそっと撫でたりするとよいスキンシップになります。

カメによっては、甲羅をゴリゴリと固いところにこすりつけたりする個体もあります。気持ちいい様です。

スキンシップの注意点

危険なところに連れて行かない

カメが行くと危険な場所は予め塞いでおきましょう。乾燥した場所、温度が低過ぎたり高過ぎたり、直射日光が当たる場所は避けましょう。外に出す際は、適度な湿度と温かさ(25〜30℃くらい)が必要です。

化学製品類に近づけない

蚊取線香などの殺虫成分はカメを死に至らしめる場合があります。漂白剤などの化学製品を塗布した場所も避けましょう。

おわりに

カメも人間と同様に、自由で、適温な環境で優しく接せられるのが大好きです。ただ、カメは人間と違って、1日のほとんど寝ているか、のんびり甲羅干しするのが好きな生き物です。

カメのスローなペースを受け入れつつ、カメが気が向いた時、時々スキンシップするのがおすすめです。この記事が参考になりましたら幸いです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。