\ フォローしてね /

初心者向け!スパークリングワインの美味しさをひきたてる基本的な飲み方

お酒が苦手な人でも比較的飲みやすいスパークリングワイン。パーティーなどでは華やかさを演出してくれるお酒でもあります。小さなポイントにもこだわって、ぜひ美味しさをひきたてる飲み方をしてみてくださいね。

ここでは、著者が実践しているスパークリングワインの美味しさをひきたてる飲み方をご紹介します。

必要な道具

  • ワインクーラー

具体的な飲み方の手順

STEP1:よく冷やす

ワインクーラーに水と氷を入れスパークリングワインをよく冷やします。ボトルが首まで浸かるように水と氷をしっかり入れ、30分くらいを目安に冷やしてください。

スパークリングワインは冷たくないと美味しくありません。この冷やす工程は必ず行ないましょう。

STEP2:ゆっくり注ぐ

泡が立つとせっかくの炭酸が弱くなってしまうので、泡が立たないようグラスを傾けゆっくりと注ぎましょう。数回に分けて注ぐと泡が立ちにくいです。

STEP3:香りをかぐ

グラスを鼻に近づけ、香りを楽しみます。スパークリングワインは赤ワインなどと違い、特に空気に触れさせたりせず、ボトルから注いだばかりのフレッシュで香ばしい香りを楽しみます。

同時に色も見てみましょう。スパークリングワインは、柔らかいピンク色をしているものや、輝くような金色をしているものなど幅広くあります。

STEP4:飲む

香りを楽しんだら飲んでみましょう。一気に飲み干さず、立ち上がる気泡をゆっくり楽しみながら時間をかけて飲みましょう。

口に入れた瞬間の味や、鼻に抜ける香り、喉を通る時の炭酸の感じや飲み終わった後の余韻など色々感じながら飲んでみてください。

著者なりのこだわりポイント

フルート型の細長いグラスを使う

ワイングラスなどの広いグラスでは、せっかくの炭酸が逃げてしまいます。炭酸を長持ちさせるためにフルート型の細長いグラスを使うようにしています。

グラスは回さない

赤ワインを飲む時はグラスをクルクル回してワインを空気に触れさせますが、スパークリングワインは回しません。回すと逆に繊細な香りが逃げてしまいます。

泡が立たないように注ぐ

グラスをテーブルに置いたままスパークリングワインを勢いよく注いで、泡が静まるのを待ち、泡がなくなったらまた注ぐという方法がメジャーですが、この方法だと炭酸が弱くなるため、著者はグラスを傾けて泡が立たないように注いでいます。

おつまみ

スパークリングワインを飲む時は、チーズやフルーツ、デザートなどをおつまみとして食べることが多いです。肉料理など味の濃いものより、さっぱりした食べ物や味の繊細なもの、甘いスイーツなどがスパークリングワインとは良く合います。

注意点

スパークリングワインを開栓する前にボトルを振ってしまうと、開ける時に勢い良く噴出してしまうことがあります。開栓する際はゆっくり静かに開けましょう。

おわりに

いかがでしょうか。パーティーやイベントの時以外にも、スパークリングワインをぜひ気軽にご自宅で楽しんでみてくださいね。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。