\ フォローしてね /

塩素系除菌・漂白剤(キッチンハイター等)の使い方

三児の母です。結婚して、子供が生まれれば、掃除をしないわけにはいかなくなってきます。

そんな筆者が日常生活で得た情報を、お伝えします。

そもそも塩素系除菌・漂白剤って?

商品名で言うと、キッチンハイター、キッチン泡ハイターなどです。漂白や除菌の効果があり、黄ばんできた台ふきんやまな板などが白くなります。

また、排水口の掃除には、うってつけです。

塩素系除菌・漂白剤で掃除をするのに向いている汚れ・アイテム・場所

キッチンハイターは、台ふきんやふきん、スポンジや弁当箱などの漂白や殺菌に使います。また、排水口のヌメヌメ掃除にも使うことができます。

キッチン泡ハイターは、CMでもやっているように、まな板などの殺菌漂白に使います。

塩素系除菌・漂白剤以外に用意する道具

漂白する場合

  • 洗い桶又はボール

排水口掃除の場合

  • 歯ブラシ又は排水口用のブラシ

漂白剤としての使い方

キッチンハイター

キッチンハイターでふきんなど布のものを漂白するには、洗い桶かボールに希釈して、つけておき漂白除菌します。

キッチン泡ハイター

泡ハイターは、まな板などに吹き付けてしばらく置いておけばOK!泡ハイターは、そのままかければほかに容器など必要ないので、気軽に使えます。

漂白剤をつかった排水口掃除の方法

STEP1:ゴミを取る

まずは、排水口に詰まっているごみを取り、排水口の汚れを専用のブラシであらいます。

STEP2:泡ハイターを吹きかける

キッチン泡ハイターを2~3回シュッシュと排水口に吹きかけ、1晩放置します。その際水を流さないようにしてください。

液体状のハイターしかなければ、台所の1日の排水口の掃除ヌメヌメの掃除に掃除の最後に原液のままキャップ1杯くらい流し、同じく1晩程放置します。

塩素系除菌・漂白剤を使う時に注意すべきこと

希釈した液に手を入れて、台ふきんなどをゆすぐとき、水滴がはねて洋服が漂白されてしまいます。

筆者もこの経験、一度や二度じゃありません。お気に入りの、濃い目のお洋服での作業は絶対にNGです。くれぐれも気をつけてください。

ハイターを扱うときは、エプロンをするか、最悪はねても大丈夫な洋服で!

おわりに

梅雨や夏など、どうしても衛生面が気になりますよね。そういうときは、まめにハイターするといいと思います。

汚れも取れ、除菌もでき、気持ちもすっきりします。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。