\ フォローしてね /

風味を楽しもう!焼酎の梅干し入り割りの作り方

今回は、焼酎の梅干し入り割りの作り方をご紹介します。安い焼酎(4Lのペットボトルに入っている)で作ります。

必要な道具・材料・用意するもの(1杯分)

  • 焼酎:60ml(大さじ4)
  • 酒器:200cc~250cc位入る大きさ
  • 氷:カチ割り氷(ピンポン球位)1~2個
  • 水:90ml(大さじ6)
  • 梅干し:1個

具体的なやり方の手順

STEP1:器を選ぶ

梅干しを丸ごと入れて、梅干しをマドラー等で潰しながら飲みたいので、マドラーが当たって欠けないように、口の周りが薄くなく、大きめのグラスを選びます。

STEP2:氷を割る

カチ割り氷を作ります。市販の四角い氷でもOKですが、カチ割り氷の方が形が不揃いな分キラキラして美味しそうだからです。

氷は呑みたい時に呑めるように、時間のある時に作ってストックします。使用する酒器に、1個か2個入れて丁度良い位の大きさに割っておきます。

アイスピックで氷を割るときは、十分注意しましょう。著者は手に刺さりそうになった事があります。カチ割り氷の作り方は、こちらの記事に書かれているで参考にしてください。アイスピックの使い方

STEP3:グラスに材料を入れる

グラスに焼酎、水、氷、梅干しを入れれば、出来上がりです。

美味しく飲むためのポイント

お安いペットボトル入りの焼酎を選びます。これは、芋焼酎のように独特の香りも無く、味にも癖がありませんので、梅干し割りに適していると思います。

梅干しで味が決まりますので、梅干しは、皮が薄く、肉厚の良い紀州南高梅を使います。甘いタイプではなく塩漬けのタイプです。

注意点

梅干しの塩気がキツイなら、水で洗って(水に浸けて)塩気を抜いてから入れます。梅干しを潰しながら呑みますが、1度にたくさん潰すとすっぱくなりすぎますので少しずつつ潰します。1個梅干しで数杯呑みます。

おわりに

著者は水割りだけで呑んでいて飽きてきたら、梅干しを入れます。すると風味も変わり美味しいです。是非お試し下さい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。