\ フォローしてね /

失敗しないトレッキングホールの選び方

トレッキングポールとは

トレッキングポールは登山での歩行を助ける道具です。通常は二本足で歩きますが、両手でトレッキングポールを使えば4本足となります。

登る山に合わせて自分の体力に合ったトレッキングポールを選びましょう。

正しく使うととても便利ですが、使い方がわからないと逆に邪魔で、危険を招く可能性もあります。

トレッキングポールの種類と特徴

トレッキングポールには大きく分けて杖のようなT字型と、スキーストックのようなI字型があります。

T字型

簡単に言うとハイキング用です。少しご高齢な方はほぼこれを使っています。長さ調整も可能です。

I字型

基本はスキーストックと同じ原理ですが、T字型同様に長さ調整ができたりコンパクトに収納できるのが特徴です。また、スキーストックも同じですが、I字型はストラップの下から手を入れて、ストラップごとグリップを握るのが基本です。そうすると手の甲の部分で荷重がかかるので握力はほとんど不用ですし、万が一の時のストックのリリースも簡単です。

トレッキングポールを選ぶポイント

最も優先することは軽いことです。必ず使うとは限りませんので、使わなければ不要な荷物になります。基本的にできるだけ軽量なストックをお勧めします。

著者のおすすめトレッキングポール

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) コンパクター

これはスキーストックと兼用できます。折りたたむと普通にザックに入ります。

伸ばすと最大で125cmまで調整できます。普通の登山では充分です。

実際にそのトレッキングポールを使用した感想

冬はスキーが趣味で、夏はトレッキングが趣味です。どうにか、1つで兼用できないかと考えたら、これに辿り着きました。

そもそもスキーストックですので、スノーバスケットが付属しています。

別売りの石づきを購入して、バスケットと交換すればトレッキングポールとして使えます。

石づきは安価ですので必ず付けて下さい。石づきを付けないで岩道を下ると滑って危険です。また尾瀬のような木道では石づきを付けないと木道を傷めます。

ストックは数本持っていますが、今のところ、これが一番のお勧めです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。