\ フォローしてね /

歯磨き粉で洗面台の蛇口部分のサビを掃除する方法

洗面所の蛇口の根元部分は、水に濡れている状態が長く続くとサビてきてしまいます。サビを見つけた時すぐに行うと、簡単に取ることができますよ。筆者は、1ヶ月に1度のペースで行っています。ここでは、蛇口の根元部分のサビの落とし方を紹介します。

掃除に必要な道具

  • フッ素入り歯磨き粉
  • ナイロンタワシ
  • タオル
ナイロンタワシは、台所用のフライパンなどの焦げ落としに使用しているものです。

掃除の具体的な手順

STEP1:歯磨き粉を付ける

乾いたナイロンタワシに歯磨き粉を付けます。ここでは、1cmほど出して使いました。

STEP2:サビをこすり落とす

サビた部分を、歯磨き粉を付けたナイロンタワシでこすり落とします。

STEP3:蛇口全体をナイロンタワシでこする

サビをこすり落としたら、蛇口全体をナイロンタワシでこすります。根元の掃除しにくい部分は、ナイロンタワシの隅を持って引っ張りながらこすると、内部まで届きます。

STEP4:水で洗い流す

歯磨き粉と汚れを水でしっかり洗い流します。

STEP5:乾いたタオルで水気を拭く

乾いたタオルで蛇口全体を拭き、完了です。

注意すること

普段から蛇口を乾燥させておくことが、サビを発生させないコツです。濡れたまま放っておくと、サビが広がってくるので、気が付いたらすぐに掃除をしてサビを落としておくことも大切です。

筆者は、風呂上がりに使用したタオルや洗濯前の洗面所のタオルで蛇口を拭くように心がけています。

おわりに

毎日家族が使う洗面台の蛇口。サビを落として、ピカピカに磨きましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。