\ フォローしてね /

通路で人とぶつからない方法

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

駅の広い通路で、向こうから人が歩いてくる。

こんなに広さがあるんだからぶつかることはないだろう。

そう思っているうちに距離がどんどん縮まり、気づいたらあわわあわわとお互い同じ方に避けて、結局「すみません…」と譲り合ったり、ということないですか?

角から急に出てきた人を避けることはできませんが、なるべく向こうから来た人と同じ方向に避けたり、譲り合ったりしない方法をご紹介します。

やり方

向こうから人が歩いてきます。

距離が3メートルぐらいになったら、なんとなく相手もこちらを見ています。
もちろん自分も相手を見ています。

これがダメ!

向こうから人が来て、なんとなく「同じ方に避けそうかな」と思ったら、相手を見ない!視線を逸らすんです!

視線を逸らしたら、少しだけ逸らした方に体を向けて避けます。

そうするとかなりぶつからない!なぜか!

たぶん、向こうから来る人をお互い見ているので、なぜか同じ方向に避けてしまうのかなーとか思います。

注意すること

もしこのやり方がうまくいかなくて、向かいの人と道を譲り合ってあわわあわわしてしまったりしたら、すみませんと謝りましょう。

時々、お互い譲り合って先に進めなくなった時に、舌打ちする人がいて、なんかなーと思うので…

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。