\ フォローしてね /

正しい保管方法で長持ちさせる!トレッキングポールのメンテナンス方法

筆者は少し古いモデルのトレッキングポールを使っていますが、毎回ちゃんとメンテナンスをしているので未だに現役で使用できています。記事ではそんなトレッキングポールのメンテナンス方法についてご紹介します。

筆者のトレッキングポール

LEKI社 スーパーマカルー・エアエルゴアンチ

筆者はLEKI社のスーパーマカルー・エアエルゴアンチを使っています。これはストックとしては定番の3本つなぎのトレッキングポールです。少し古いモデルで、今は欠品で入手できません。

このストックはLEKIの中では比較的高機能なストックです。アンチショック機能が調整できたり、グリップの下までラバーがあって好きなところを握れたり、イージーロックという軽く閉めると簡単にロックする機能があったりと、山に頻繁に登る人のためのストックです。

今はこの製品よりもっと軽い素材のストックが出ていますが、メンテナンスの方法は同じです。

トレッキングポールのメンテナンス方法

布などで汚れを落とす

登山から帰宅したら湿った布などで汚れを落して下さい。できるだけ水洗いはしないほうが良いでしょう。汚れがひどい場合は水洗いをしても大丈夫ですが、必ずしっかりと乾燥させて下さい。

保管する時は分割する

保管する場合は写真のように3本に分割して下さい。そうしないと内部が錆びてしまうことがあります。

一番錆びやすい部分がボールを回して固定する部分の金属です。ここが濡れたままになっていると錆びやすくなってしまいます。

分割したら必ず乾燥した場所で保管してください。

メンテナンスのポイント

留め具を確認する

分割する理由の1つに、留め具をしっかりと確認するというポイントがあります。

長い間使い続けているとプラスチック部品が劣化している可能性があります。山にストックを持って行っても留め具の調子が悪くて空回りしたり、しっかり締まらなかったりすると単なる荷物になってしまいます。

この部分のパーツは比較的安価で交換できますので、登山後に確認するだけでも安心できます。

おわりに

メンテナンスはそれほど手間ではないので、帰宅したら早めにメンテナンスをする習慣を付けましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。