\ フォローしてね /

心も体も温まる!日本酒の熱燗の作り方

肌寒くなり、地酒の美味しい季節になると食卓に熱燗が登場します。今回は、そんな「日本酒の熱燗の作り方」についてご紹介します。

用意するもの

  • 日本酒…1合
  • カンピン
  • 耐熱ガラス
  • ぐいのみ
  • 小鍋
  • セーター・布

熱燗の方法

STEP1:お湯を沸かす

小鍋に水を入れ沸騰させます。

STEP2:日本酒を用意する

カンピンに日本酒を1合入れます。

STEP3:耐熱の中にカンピンを浸ける

これは、解りやすい様に耐熱ガラスにセーターを着せていない状態です。この耐熱容器にカンピンの8文目位まで浸かる量のお湯を入れ、カンピンをお湯に浸けます。

STEP4:お湯の量を調整する

カンピンの口からお湯が入らない様に、お湯の量を加減します。お湯が、冷め難いように、ガラス容器にセーターを編み着せています。

出来上がり

その後、2~3分位浸けると完成です。

時間は、量&容器により異なりますので目安としてお考え下さい。

著者なりのこだわりポイント

日本酒には、大吟醸酒、吟醸酒、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒、本醸造、その他等、いろいろ種類があり、蔵元によって風味も味も違います。

著者は、熱燗にするなら、お値段も手頃で、お米と水だけで出来ており、風味も香りも良い純米酒が好きです。

注意点

温度では50℃前後、湯気が見える位が熱燗の目安だそうです。ぬるい温度で、温めようとすると、お湯につけている時間も長くなり、アルコール分が蒸発しやすくなります。

1回1合位ずつ、熱めのお湯に入れてさっと作ります。

アドバイス

耐熱容器にセーターを着せると、お湯が冷め難く、丁度良い温度で呑めるのでお勧めです。

おわりに

いかがでしたか?今回の記事を参考にして頂けると幸いです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。