1. 料理
    2. 身近な夏野菜でお手軽に!柴漬けの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    身近な夏野菜でお手軽に!柴漬けの作り方

    柴漬けは、赤シソとナスなどを塩で漬けた京都の伝統料理です。

    ここでは、赤シソが手に入りにくかったり、漬け物用の容器や重しをお持ちでない方でも、手軽に作れる方法を紹介します。

    材料(作りやすい分量)

    • なす…2本
    • きゅうり…2本
    • みょうが…3個
    • 青シソ…5枚
    • しょうが…1かけ
    • 梅干しに入っている赤シソ…適宜
    • 塩もみ用の塩…小さじ1
    • 塩…小さじ1/2

    作り方(調理時間:10分)

    STEP1:野菜を切る

    ナスとキュウリは、縦半分にしてから斜め切りにしましょう。ミョウガは薄切り、青シソとしょうがは細切りにします。

    STEP2:ナスとキュウリを塩もみする

    ナスとキュウリに塩をふって全体によく馴染ませ、5分ほど置いてから、手で水分をしぼります。

    STEP3:ポリ袋で漬ける

    ポリ袋にすべての材料を入れてよく混ぜ、空気をしっかり抜いて封をします。袋の外から少し手で揉んでなじませます。

    STEP4:出来上がり

    すぐに食べることができますが、半日以上たってからのほうがおいしいです。保存は冷蔵庫でしましょう。

    さいごに

    梅干しについている赤シソの使い道にお困りの方には、ぜひお試しいただきたいです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人