\ フォローしてね /

男性向け!結婚式にふさわしい服装とワイシャツやネクタイの色の選び方

ある年齢になると、参列する機会が急増する結婚式や披露宴。おめでたい場ですから華やかな服装で心からお祝いしたいものですが、結婚式には「ふさわしい服装」というものがあります。

特に男性は「スーツでいいだろう」と安心していると、Yシャツやネクタイの色選びなどに苦戦したりすることもあるかと思います。

また、自分の立場や結婚式の形態などによってもふさわしい服装は変わってきます。自分を招待してくれた主役に恥をかかせないためにも、ここではしっかりと結婚式にふさわしい服装をチェックしておきましょう。

ここでは、結婚式にふさわしい服装と、特に着る機会が多い略礼装の着こなし方についてご紹介します。

結婚式にふさわしい服装とネクタイ・シャツの色って?

結婚式などの慶事にふさわしい服装には3つのパターンがあります。

正礼装

弔事でも着用できる、もっとも格式が高い正装です。昼間は、後ろ側が長くなっているジャケットとベスト、白いワイシャツ、白や黒のネクタイを合わせたモーニングコートが正礼装です。

夜の正礼装は、ジャケットの後ろ側が燕のように長く伸びて2つに割れている燕尾服です。燕尾服には白のウィングカラーのシャツ、白の蝶ネクタイを合わせます。

正礼装の時は白い手袋も欠かせません。

社長や部長などの要職についていたり、主賓として出席する場合には正礼装を着用しましょう。

準礼装

男性の準礼装はタキシードです。色は濃紺かブラック、白のシャツ、黒の蝶ネクタイを着用します。

靴はエナメルにしましょう。

新郎新婦の直属の上司であったり、スピーチをする場合には準礼装だと安心です。

略礼装

もっとも着る機会が多いのが略礼装です。上下ともに黒や濃紺、ダークグレーの共布で作られたブラックスーツがもっともポピュラーな略礼装です。1つボタンのものがもっともフォーマルです。

白のシャツ、白・黒。グレーのネクタイを合わせるのが正式です。

新郎新婦の友人知人として参列する場合には略礼装が無難です。参列者の男性の約8割が略礼装だそうです。

個性を出して華やかに!略礼装の着こなし方

ここではもっとも着る機会が多い略礼装の着こなし方についてご紹介します。無難になってしまいがちなブラックスーツですが、カジュアルな結婚式やパーティーでは少しアレンジしても大丈夫です。

基本の着こなし

シャツは白のレギュラーカラーのもので袖口は折り返してカフスボタンで留めるものが好ましいです。

ネクタイの色は白、グレー、シルバーなどが無難です。

靴は、黒のレースアップの革靴にしましょう。つま先はあまり尖ったりしていないスタンダードな物が好ましいです。

アレンジ1:タキシード風に

ブラックスーツの難点は、みんなと服装が被ってしまうこと。そんな時に気軽にチャレンジできるのが、タキシード風のコーディネートです。

ブラックスーツに白シャツ、黒の蝶ネクタイとベストを合わせてみましょう。夜のパーティーでは靴もエナメルにするとより華やかです。

アレンジ2:ネクタイとポケットチーフを色物に

胸元にポケットチーフを入れるとよりフォーマルな印象になります。白が基本ですが、カジュアルなパーティーの場合は色物にしてみましょう。

ネクタイと色味を合わせると、よりおしゃれな装いになります。

ネクタイの柄はドット柄だとよりカジュアルな印象になりますので、ストライプ柄などにしておくと安心です。

アレンジ3:シャツをドレスシャツに

スタイリングに自信がある方は、白いシャツではなく色のあるドレスシャツに変えてみましょう。

胸元にタッグが寄せてあったり、フリルのような飾りが控えめについているとよりこなれた印象になります。ネクタイも同系色のものにしてみましょう。

シャツは色物でも淡色がおすすめです。その分ネクタイを濃色にして締まった印象にしましょう。

おわりに

きちんとした結婚式やホテルの披露宴の場合は略礼装だとしても、白シャツに白・グレーネクタイがもっとも無難です。

比較的カジュアルなパーティーや友人しかいない2次会にのみ参加する場合には、小物でより華やかな装いにアレンジしましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。