1. コミュニケーション
    2. 就職・転職・異動時に!いち早く職場に溶け込むコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    就職・転職・異動時に!いち早く職場に溶け込むコツ

    このライフレシピのもくじたたむ

    就職や転職、もしくは社内の異動など、新しい職場で働き始めるというのは緊張するものです。「うまく溶け込めないんじゃないかな」と心配することもあるかと思います。

    そこで今回は、新しい職場でいち早く溶け込むためのコツを紹介します。

    本記事は、マイナビ転職のご協力により、2013年に執筆されたものです。

    いち早く職場に溶け込むコツ

    1:受け身にならない

    新しい環境で陥りがちなのが、遠慮しすぎて仕事に対して受け身になってしまうことです。転職したばかりの頃は、自分で仕事をどんどん探して動いて行きましょう。

    2:遅刻・早退をしない

    入社したばかりの頃は、遅刻や早退は厳禁です。特に遅刻は、信頼を大きく損ない、信用できない人だと思われかねません。

    また、同じ部署や同じプロジェクトの人が忙しすぎて休日出勤をしているようであれば、「私でも手伝えることがあれば」と申し出るようにしましょう。できることがなくても申し出ることで、「入ったばかりで休んでいる」と思われずにすみます。

    3:服装のルールを守る

    初出勤では、面接と違い実際の業務に就くことを前提にして服装を考える必要があります。会社によっては、服装のルールや髪型、ヘアカラー、所持品に関するルールがある企業もあります。

    常識で判断するだけではなく、就業規則や職場慣習に従った服装を選びましょう。

    確認できていない場合は、前もって採用担当者に聞いておきましょう。

    4:新しい職場のやり方に合わせる

    同じ職種で転職しても、職場によって仕事のやり方は異なります。始めのうちは違和感があるかもしれません。そこで「前の職場ではこうだった」と今までのやり方を押し付けるのはやめましょう。

    あくまでも現在の企業のやり方を学びながら、可能な範囲で前職の良いところを取り入れる姿勢を見せるといいかもしれません。

    5:女子社員を「君づけ」で呼ばない

    部長や課長のような職位で入社した場合であっても、女性社員を「◯◯くん」と呼ぶのはやめましょう。年下の社員であっても、その職場においては先輩です。

    6:慣習は守る

    企業には長年受け継がれている慣習があります。この慣習を軽視してはいけません。慣習の意味を理解し、積極的に溶け込んでいく姿勢を持ちましょう。

    時にはムダに思える会議があった場合でも、その企業においては重要な時間であるかもしれません。

    おわりに

    特に視線が集中する3カ月間は上記に注意してください。上司や同僚は、新しく入ってきたあなたの行動一つひとつが見ています。

    始めの3カ月が、その後の人間関係に大きく影響するのです。新しい職場では特に不安がいっぱいだと思いますが、良い人間関係を築くためにも思慮深い行動を心がけましょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人