\ フォローしてね /

在職中? 退職後? 転職活動の時期を見極めるポイント

自分のキャリアを考える時、ふとしたきっかけで「転職」というキーワードが頭をよぎることはないでしょうか?

そして、いざ転職をしよう! と思った際、在職中に転職活動をするべきなのか? 退職してからするべきなのか? どっちが良いのかわからないこともあると思います。

そこで本記事では在職中・退職後の転職活動について5つの面から徹底比較したいと思います。

本記事は、マイナビ転職のご協力により、2013年に執筆されたものです。

1. 収入面について

在職中の転職活動

仕事を辞めずに転職活動をする場合、何よりも収入が途切れないということが魅力です。収入面を気にしなくて良い分、焦らずに今後のキャリアについて考えることができます。

退職後の転職活動

会社を辞めてしまうと、当然ながら収入が途絶えてしまいます。収入が途絶えると、どうしても精神的な焦りから慎重に仕事選びができないという人もいます。また人によっては家族からのプレッシャーに耐えなければいけない場合も。

退職理由によって退職後すぐに失業保険を受給できる方がいます。事前に失業保険の受給区分について調べておくと良いでしょう。
貯金で補う場合、最低3カ月分の生活費の準備が必要と言われています。

2. 優先順位について

在職中の転職活動

在職中の場合、どうしても仕事が一番になってしまいます。面接予定を入れたいが、仕事を抜けられない・休みが取りづらいなど、現在抱えている仕事の内容によって、転職活動に重きを置けない場合があります。

退職前に消化できる有給休暇がたくさんあるという方は、この期間を利用して転職活動ができるので、転職を考える際は取得できる有給休暇の日数を確認してみましょう。

退職後の転職活動

転職活動を最優先できるため、志望企業の情報収集や応募書類のブラッシュアップもできます。複数面接にも対応しやすいので、より多くの企業を見てその中から自分に合った仕事を見つけることができます。

早期入社を望む求人にも対応でき、有利に転職活動を進められる可能性があります。

3. 仕事のブランクについて

在職中の転職活動

在職中に転職先を見つけた場合、仕事のブランクがない状態ですぐに働き始められるため、前職で培った経験・スキルが劣化することなく、そのまま生かすことができます。

退職後の転職活動

専門的なスキルなどを持っている場合、その分野からしばらく離れてしまうと身に付いたフローがすぐに思い出せないなど、自分の業務スピードに影響が出る場合があります。

ブランク期間を利用して、勉強や資格取得をすることで新たにスキルアップもできるため、ブランクが不利に働かないように気をつけましょう。

4. 転職活動の準備について

在職中の転職活動

転職活動では応募書類(履歴書や職務経歴書)のほかに、業界によっては力量を確かめるために課題提出やポートフォリオが求められる場合があります。

仕事をしながらの転職活動は準備が負担になってしまい、良い求人があっても準備が間に合わない、応募書類の質がイマイチ・・・・・・などの理由でせっかくのチャンスを逃してしまう可能性があります。

仕事の閑散期や休暇時に応募書類を作っておくと、いざという時に活用することができます。

退職後の転職活動

上述しましたが、退職後は転職活動を最優先にできるため、応募先企業の情報を収集できる、スキルアップのための勉強・資格取得ができる、自分の今後のキャリアをじっくり考えることができるなど、転職活動の準備については多くのメリットがあります。

5. 事務手続きについて

在職中の転職活動

転職に伴う保険の手続きは意外と多くあります。例えば、健康保険・年金の切替、失業保険の申請など。ブランクなく転職できた場合、このような事務手続きは転職先の企業が行なってくれます。

退職後の転職活動

退職後の保険の手続きは非常に大変です。保険の申請・切替のために社会保険事務所、年金事務所、公共職業安定所など渡り歩き、所定の手続きをする必要があります。場合によっては提出書類が不足していて、前の職場から取り寄せる・・・・・・など思わぬ労力は発生してしまいます。

意外にややこしい保険手続き。退職を決めた時にどのような手続きが発生するのか? 提出期限は? 必要書類は? など事前に知っておくと退職後のスケジュール設定がスムーズになります。

おわりに

自分の力量次第でさまざまな生き方・働き方を選択できる昨今、知人や同僚が転職をしたなんてことも珍しくありません。

いつ転職活動をするか? については、在職中・退職後、双方ともメリット・デメリットがあります。収入面・準備期間など自分の現状を理解し、自分にあったスタイルを見つけることが重要です。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。