\ フォローしてね /

100均でも買える!ウサギを飼う時にそろえる基本的な道具と選び方

ウサギって実はとっても人懐っこいって知っていましたか?犬や猫のようにワンワンやニャーニャーと鳴いたりはしませんが、嬉しい時にはプープーと小さな声を出してくれるんですよ。

そして人が歩く後ろをついて歩いたり、人の周りをクルクルと走ってまわったり、一緒に生活を始めると、感動が沢山あります。ウサギは想像以上に飼いやすく、手間がかかりません。

もしウサギを家で買いたいなって思ってる方に、こちらの記事で紹介する「そろえた方が良い基本的な道具」についての情報が参考になれば嬉しいです。

著者が飼っているウサギの紹介

私の家で一緒に住み始めて4年目になるウサギ君を紹介します。名前は「クースケ」、ネザーランドドワーフの雑種です。色は黒く、お腹周りが白いので、とってもキュートです!

性格はとっても甘えたで、人の近くに必ず寄ってきます。特に頭をなでてもらうのが好きで、数分頭をなでなでしてると、お礼にぺろぺろと手を舐めてくれたりします。

大好物はバナナで、バナナを見せるとクルクル走って喜びます。だから1日1回のバナナタイムをとっても楽しみにしてて、その時間になるとソワソワするので見てるだけで可愛いです。

著者が揃えた基本的な道具

ケージ

ケージは下部がスノコのものがおすすめです。サイズは大きすぎるのも良くないので、600×450ほどが適度でしょう。

給水ボトル

ウサギ用であれば、どのタイプでも大丈夫です。ただ、少し大きい目のものを選んだ方が便利です。

ウサギ用トイレ

ウサギはトイレをしっかり覚えるので、トイレを用意しましょう。キッチンの三角コーナーの様な形のものが使いやすいです。

牧草入れ

様々なタイプのモノがありますが、木のタイプのモノの方が噛んだり出来るので、ウサギのストレス解消や歯の伸びすぎなどのケアに丁度良くおススメです。

トイレ用砂

大粒タイプのものが使いやすいです。また消臭効果のあるものがおススメです。

ペレットと牧草

ウサギのエサです。ペレットについては、最初はベビータイプと言うのがあるので、それを選びましょう。ペレットは成長とともに子供用から大人用に変えてあげると栄養のバランスが良いのでおススメです。

また、牧草は小動物様であれば何でも大丈夫です。これは欠かしてはいけないので、予め少し多めに購入しておくと良いでしょう。

写真はペレット(大人のウサギ用)と牧草です。

100均でも購入できます。部屋で放し飼いにしたい所ですが、電気コードなどを噛むので、エリアを決めて柵でサークルを作ってあげるといいでしょう。

庭などにも持ち運びが出来るのでとってもおススメです。

ウサギを飼う道具を揃えるときなどの注意点

柵は必ず買っておく

実際にウサギを飼ってみて、これは絶対に必要だなって感じたものは、柵です。飼い始めた頃はウサギも人間と同じように部屋を自由に歩かせたいと思いますが、ウサギはすぐに電気コードを噛んだりするので、感電などの心配もあり危険です。

予め、柵は購入しておきましょう。これらは100均でも売ってますが、店によっては300円コーナーになってる場合もあります。著者の場合は、10個ほど購入し、サークル状にして使っていますが、実家に帰省する際も持ち運びが容易ですので、とっても便利です。

外に出す回数や時間を決める

ウサギをケージの外に出して柵内で自由にさせてあげる時間は1日2回など決めてあげた方が良いです。

ウサギにもよるとは思いますが、あまり自由に出し過ぎてるとトイレでおしっこをしなくなってしまいますので、きちんと生活リズムを作ってあげて、その中で一緒に触れ合う時間を作ってあげるのがおススメです。

おわりに

いかがでしたか?今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。