\ フォローしてね /

切符は要らない?新幹線の子供料金基礎知識

家族旅行に行く時、車ではなく新幹線を利用する方も多いのではないでしょうか?誰かが運転しなければいけないこともないですし、小さいお子さんがいると新幹線の方が安心ですよね。

しかし、意外にややこしいのが「新幹線のこども料金」。在来線は「こども料金」と表示されていますが、新幹線は乗車券の他にも特急券や指定席券などがあるため分かりにくいですよね。

ここでは、新幹線の子供料金に関する基礎知識をご紹介します。

新幹線の切符、子供料金の基礎知識

新幹線に乗る時に必要な切符

新幹線に乗る際には、乗車券の他にも切符を買う必要があります。

  • 新幹線に自由席で乗る場合:乗車券+自由席特急券
  • 新幹線に指定席で乗る場合:乗車券+指定席特急券
  • グリーン車に乗る場合:乗車券+特急券+グリーン券

「おとな」「こども」の区分

JRでは以下のような年齢で区分しています。

  • おとな:12歳以上
  • こども:6歳~12歳未満(小学生は12歳でも「こども」)
  • 幼児:1歳~6歳未満(未就学児は6歳でも「幼児」)
  • 乳児:1歳未満

子供と一緒に新幹線に乗る時の料金

6歳~12歳未満の「こども」と同乗する場合

「こども」に区分される年齢のお子さんの場合は、乗車券、自由席特急券、指定席特急券はおとなの半額になります。

ですので、6~12歳未満のお子さんと新幹線に乗る時は、こども用乗車券とこども用特急券が必要になります。

グリーン券はおとなと同じ料金です。

1歳~6歳未満の「幼児」と同乗する場合

「幼児」に区分されるお子さんの場合は、幼児2人につき「おとな」か「こども」が1人同伴していれば無料です。ただし、以下の場合はこども料金の切符が必要になります。

  • 6歳以上の同伴者1人につき「幼児」が3人以上になる場合
  • 「幼児」が指定席、グリーン指定席に一人で座る場合
  • 「幼児」が同伴者なしで乗車する場合

1歳未満の「乳児」と同乗する場合

1歳未満の「乳児」は基本的に無料です。ただし、「幼児」と同じく指定席やグリーン指定席に一人で座る場合にはこども料金の切符が必要になります。

指定席であっても、同伴者の膝の上に座っている場合は乗車券、指定席特急券ともに必要ありません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?ややこしくて切符を買い間違えていた方もいるかもしれません。

ここで新幹線に子供が乗る時に必要な料金をチェックして、快適に新幹線の旅を楽しんでください。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。