\ フォローしてね /

委託契約と委任契約、請負契約の基礎知識

はじめに

皆さんは家を建てる時や事務手続きを第三者に依頼する時に、「委託契約」「委任契約」「請負契約」などを耳にしたことはありますでしょうか?

すべて似たような名前なので、なんだか意味や違いがわかりづらいですよね。

ここでは今更聞けない「委託契約」「委任契約」「請負契約」の違いについてご説明します。

委託契約、委任契約、請負契約の違い

委託契約と委任契約はイコールではない

「委託」と「委任」が似たような言葉なのでよくごっちゃになってしまいがちですが、委託契約と委任契約では意味が違います。

そもそも「委託契約」とは何かの取り扱いや実行役を他人に頼むことで、「委任契約」とは法律行為を人に頼んでやってもらうことです。

つまり「委託契約」とは広い意味で「人に物事を頼む時の契約」という意味で、その中でも特に「法律行為に関することを人に頼む時の契約」が「委任契約」ということになります。

「委託契約」という大きいくくりの中に「委任契約」が含まれているようなイメージです。

委任契約とは?

委任契約とは先ほども書いた通り「法律行為に関することを人に頼む時の契約」です。本来は「法律行為以外の事務処理を人に頼む時の契約」である「準委任契約」も、「委任契約」として一括りにして言われることが多いです。

つまり広い意味での委任契約とは「手続きや処理などを他の人に頼むための契約」です。

例えば、会社を設立する時の登記を司法書士に頼んだり、事故に巻き込まれた時の示談の交渉などを弁護士に頼んだりする時に交わすのは「委任契約」ということになります。

請負契約とは?

請負契約とは「他の人に仕事の完成を依頼するための契約」です。つまり手続きや処理をしてもらうだけではなく、「結果を出す」ということまで契約に含まれているということです。

代表的な請負契約は、家を建てる時などにハウスメーカーと家主が取り交わす契約です。「依頼通りに欠陥のない家を建てる」という契約ですので、もし完成した家に問題がある場合は修繕ややり直しをさせることができます。

ハウスメーカーが実際の作業を工務店などに依頼する契約は「下請契約」と呼ばれます。

委任契約と請負契約の違いって?

2つの違いをまとめると、委任契約は「手続きなどの過程」を依頼する契約で、請負契約は「品物などの結果」を依頼する契約です。

おわりに

委任契約と請負契約の違いは分かっていただけたでしょうか?

もちろん契約書の内容によって、委任契約でも結果を求めたりすることもできるそうです。

これから人生の転機で恥ずかしい思いをしないために、ぜひ「委託契約」「委任契約」「請負契約」の違いをチェックしておいてくださいね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。