\ フォローしてね /

ますます謎めく北海道あるある

みなさんは北海道にまつわるあるあるを耳にしたことはないでしょうか?ここでは、北海道以外の人でも楽しく読める、道産子のあるあるをご紹介します。

北海道あるある~初級者編~

北海道は本当に広いんです

北海道の面積は83,456平方kmと非常に広大な土地を持ちます。しかし、それを本当に実感している方は少ないのではないでしょうか?

比較対象として、オーストリアが83,870平方kmの土地を持ち、北海道とほぼ同じ大きさなのです。(※オーストラリアではありません。)

道民が「車で2時間かかる」と言えば「なんだ、近いじゃん。」なんていう会話もごく普通です。

ただ、車道はほとんど直線なので、街中よりもスピードを上げて2時間走る距離と考えてください。

グルメな北海道

北海道でお寿司といえば、基本生寿司が出ます。煮エビなどはほとんど見かけることがないぐらいです。また、ちらし寿司と言っても「生ちらし」として具材に新鮮な魚介類を使っていて、人によっては海鮮丼に見えるかもしれません。

そんな新鮮な魚介類がある北海道ですが、北海道のウニなら食べられる!という方も意外に多いのではないでしょうか?それは新鮮なだけではなく、美味しい昆布を食べて育ったために、全く臭みのない甘く濃厚な味になるからなのです。

そして、北海道といえば乳製品!北海道でソフトクリームを食べた方ならわかると思いますが、どの牧場のソフトクリームも濃厚で美味しいです!それは、原料の牛乳の脂肪分が高いからだそうです!

北海道の自然の旨味たっぷりのグルメをまだ体験していない方は、是非一度ご賞味あれ!

ちなみに、水道水も美味しいです。

北海道あるある~中級者編~

雪の対処法

道民は、景色が雪で白くならないと冬とは認識しません。落葉が完全に終わり、2℃の寒さであってもまだ冬ではありません。しかし、雪が降ったとたんに日課が増えます。雪かきです。

夜は「明日雪かきしないとね」と言いながら半袖半ズボンでアイスを食べ、朝早くに除雪車の轟音で起こされ、暗いうちから目が開かない状態で雪かきを始めます。社会人はそこから出勤です。

それが毎日続くと考えてみてください。どうでしょう?決して道民の方に「雪かき楽しそうだよね!一度してみたいんだ!」と軽いことは言えませんよね!その代わり、是非ねぎらいの言葉をかけてあげてくださいね。

著者は現在東京在住なのですが、少々の雪が降った途端、嬉々としてちりとりで雪かきする近所のおば様を見て複雑な気持ちになりました。ほっときゃ溶けるって・・・。

寒い寒い・・・あれ?寒くない?

寒いです。北海道の冬は-20℃以下になることはしばしばあります。冬季は常に氷点下なので、「今日の気温は?」「14℃(マイナス)。しばれるね。」と、気温にいちいちマイナスをつけません。

-20℃の屋外に出ると、鼻毛も凍る寒さです。空気に触れる頬などは冷たいでは無く痛いのです。もちろん寒くて凍えそうになりますが、一旦身体の芯まで冷えてしまえば寒さは気にならなくなります。

著者は、その状態でいつまでもスキーを滑ることがよくありました。ただ、いつ死んでもおかしくない状況ではありますので、北海道に旅行に来ても絶対にチャレンジなんかしてはいけませんよ!

そんなことはせずに、是非雪見の露天風呂などを楽しんでくださいね。

「しばれる」は「凄く寒い」という意味です。

北海道あるある~上級者編~

小さい子はカチカチと音がする

北海道のお子様向けの靴に収納可能なスパイクがついていることがあります。スパイクをつけたままスーパーに入ると、彼らはカチカチと音を鳴らして歩きまわりますが、床を傷つけるので店員さんに注意されることもありますね。

「ミスター」といえば・・・

本州の方は「ミスター」といえば、長嶋茂雄さんを思い浮かべると思います。人によっては、ミスターマリックさんやミスタードーナツを思い浮かべる方もいるかもしれません。

しかし道民の方に「ミスターといえば?」と聞くと、ほとんどの方が「鈴井貴之」と答えると思います。

鈴井氏は大泉洋さん出演のローカル番組「水曜どうでしょう」の出演者の一人ですが、番組開始当初は出演者が少なかったため、タレント会社社長ながらタレントとして番組に出演していたのです。

今や型破りな構成番組として全国に広まった「水曜どうでしょう」ですが、大泉氏と共演する1位2位を争う北海道の人気者です!

道外の方には、番組を見ていて大泉洋さんの言葉がわからない時があるそうです。

OIOI

  • 道産子:「オイオイ?」
  • 東京っ子:「マルイ知らないの?」
  • 道産子:「あー丸井今井か!」
  • 東京っ子:「・・・今井・・・?」

道民は東京に来て初めて「OIOI」の看板を見ることが多いです。たいていは気にも留めていませんが、いざ聞かれると案外知らないものです。知っているのは「丸井今井」のデパートだけ。

丸井今井:札幌丸井三越

北海道あるある~小ネタと方言編~

方言集

  • ゴミステーション・・・「ゴミ捨て場」のこと。「ゴミ捨て」とかけているかは謎。
  • ウノで「ストップ!」・・・ウノをあがるとき、「ストップ!」と言わないと上がれない。
  • やめれ・・・「やめろ」の意。命令形で「~れ」と使う。
  • したっけ・・・「じゃあ」と直訳します。「したっけね」=「じゃあね」、「したっけ、〇〇だよね」=「じゃあ、〇〇だよね」
  • おっちゃんこ・・・「座る」の意。お年寄りの方が小さい子に対して「座りなさい」という時、「おっちゃんこせ」と言ったりする。
  • じょっぴんかる・・・「カギをかける」の意。これは「じょっぴん」=「鍵」、「かる」=「かける」の複合語。

イマイチよくわからない?「押ささる」

意志に反して何かを押してしまうことを指します。それとは対照的に道外の人が通常使う「押してしまった」は意図的行為に聞こえてしまいます。

例えば、エレベーターに乗っている時に、意図に反してボタンを肘で押してしまった場合など「あ、ボタン押ささっちゃった。」と使います。

そのため、「押しちゃった」と聞くとイラっとしますが「押ささっちゃった」というと、しょうがないねとなることもあります。

意図に反した行為をしてしまった場合、「~さる」とつけることが多いです。

おわりに

これから北海道に旅行する人や、長期滞在する人には是非読んでもらいたいです。疑問に思ったことがあれば、現地で知り合った方に聞いてみると仲良く慣れるかもしれませんね!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。