1. 暮らし
    2. 相続に関する戸籍を自分で収集する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    相続に関する戸籍を自分で収集する方法

    生きていくと避けて通れないのが,親族の死と相続です。

    遺産分割をするにしても相続手続きをするにしても必ず必要となるのが被相続人(亡くなった方)と相続人すべて(財産を相続する方)の戸籍謄本や住民票の謄本を集めることです。

    被相続人の子供が多いとき等は本当に大変な仕事量になりますので,行政書士などプロに任せる場合が多いのですが,がんばれば自分でできることでもあります。

    行政書士の筆者が,戸籍収集の方法をご紹介したいと思います。

    ステップ1:被相続人の本籍地を調べる

    相続手続等をする人は,まず被相続人の戸籍謄本を用意することになり,本籍先の市役所に請求することになります。

    本籍(および筆頭者)がわからない場合は,被相続人の住民票の除票を請求して,そこで確認します。住民票の除票の保存期限が切れている場合は,その他の書類で,本籍の記載されているものがないか探してみます。

    もし,全く分からない場合は,相続人の戸籍から順に上っていって戸籍を集めていく方法もありますが,そのようなケースはプロに任せることをお勧めします。

    ステップ2: 被相続人の戸籍を請求する

    戸籍を取るといっても、戸籍には種類があります。一般的な「戸籍謄本」以外に,「除籍謄本」,様式や編成基準が法令等の改正によって変更された場合の前の戸籍である「改正原戸籍」があります。

    基本的に,被相続人の生まれてから死亡するまでの全戸籍を集めることになります。

    死亡時の戸籍から生れたときまで辿っていく

    死亡時の戸籍が請求できたら,戸籍の編成事由,どこの戸籍から入籍されたなどの記載がありますので,それをよく読み,その先の市役所に請求することになります。

    請求するときはとりあえず,戸籍謄本,改正原戸籍,除籍謄本と全部請求しましょう。後は,必要な戸籍謄本等が全て集まるまで、これを繰り返します。

    本籍先の市役所がどこかわからない場合

    本籍が昔の名称なら,現在どこの市役所(区役所)にあるのかわからなかったりします。この場合はインターネットを駆使して調べます。

    また,その近辺の市役所に電話をかけて,その住所が現在どの市役所で管轄されているのか確認することもできます。
     

    ポイント3: 郵便で取り寄せる

    請求先の市役所が遠方の場合は,郵送で請求することになります。以下が郵送請求の方法です。

    本籍のある市区町村の担当課に電話する。

    手続きに必要なものや手数料を担当課(市民課・町民課)に確認します。その際,必ず話した担当者の名前を控えておくようにしましょう。

    戸籍謄本請求に必要な事項を記載したものを作成する

    ・請求書の例(各市区町村でテンプレートを用意している場合もあります)

    請求者の本人確認書類を用意する

    運転免許証,住民基本台帳カード,健康保険証などのコピーを添付するようになりますが,各市区町村により異なっていますので確認してください。

    手数料を用意する

    手数料は,ゆうちょ銀行の「定額小為替」を同封します。必要な手数料については,各市区町村への確認が必要です。

    返信用封筒を用意する

    「住所」「氏名」を記載し,切手を貼ります。請求している戸籍が多い場合は重たくなる場合がありますので,不足しないように切手を貼ってください。

    また,急ぎの場合は速達料金分の切手を貼り,先方にも速達で送るように伝えてください。

    これまでで用意したものを封筒に入れ,本籍のある市区町村の担当課宛で郵送します。こちらも急ぐ場合は速達で送ります。不備等がなければ,1週間ほどで返送されてきます。

    おわりに

    戸籍を辿る… などと言いますと,非常に面倒なことという響きがあるかもしれませんが,一つ一つの手順を追っていけば,難しいことではありません。

    それでもやはり、忙しくて時間がないとか家族の関係図が非常に複雑だという場合は,プロである行政書士等にお任せいただければ大丈夫です。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人