\ フォローしてね /

仕事も恋も手に入れたい!押さえるべき職場恋愛のルール

職場では、仕事を通じて異性と出会うチャンスもあります。しかし、仕事と恋愛の両方を同じ職場で同時進行させるのは難しいものです。なぜなら、職場恋愛は、周囲の人間関係にも影響を与えかねないからです。

だからといって、どちらかを諦めなければならないということもありません。そこで今回は、職場恋愛の時に押さえるべきルールを紹介します。

本記事は、シゴトサプリのご協力により、2013年に執筆されたものです。

職場恋愛のルール【片思い編】

告白を断る時はハッキリと

仕事仲間としてはいいけれど、恋人としては考えられないタイプから告白されることもあります。そんな時、うかつな断り方をすると仕事に影響が出てしまうので慎重に答えたいもの。次のようにハッキリ断るのがベストです。

「そう言ってもらってうれしいけど、もう付き合っている人がいます」

そこまではっきり断りたくない場合は、ひとまず少し曖昧に答えて、様子を見るのも手です。

「恋人と別れたばかりなので当分誰とも付き合う気持ちはありません」
「同じ会社の人とお付き合いしないことにしているんです」

告白する時はパートナーの存在を確かめて

自分が告白する時は、相手にパートナーがいないかどうか確かめてから告白するのがルール。相手を困惑させることもなく、スマートです。

想いが通じなかった時はスッパリ諦めて、同僚に戻りましょう。会社の外にも素敵な人はいますよ!

職場恋愛のルール【両思い編】

職場では距離を置く

オフィスであからさまに仲良くしていると、他の同僚を阻害する形になってしまいます。さばさばしすぎているくらい距離を置くのがいいでしょう。

二人のルールを決めておく

実際にそうでなかったとしても、「カップルの片方が知っていることが、もう片方に筒抜けになっているのでは?」と周囲に見られてしまうと問題です。特に、給与や人事にかかわる職務についている人は十分に注意しましょう。

一方、カップル間でも、知っていることを相手に隠していたら「教えてくれなかった」と後で詰問されることもあります。二人の間で、なんらかのルールを作っておくのが得策です。

職場で恋愛話をする時のルール

相手が不快に感じていないか見極める

独身の異性に対して「まだ結婚しないの?」「恋人はいないの?」など、深く考えずに質問してしまうという人は要注意。

こういった質問のほとんどがセクハラに当たる可能性があります。改正男女雇用機会均等法では、あくまでも、相手がどう感じるかによってセクハラかどうかが決まるのです。

言われた人が居心地悪くなったり、嫌な気持ちになっていたりするようなら、恋愛の話題は避けましょう。

不快に感じたら相手にハッキリ伝える

相手側も、自分が不快だという気持ちを相手に伝えることが大切です。「申し訳ありません。そういうプライベートな質問には、答えないことにしているんです」などと、ハッキリ言いましょう。

それでも相手がピンとこない場合は、誰かに相談するのがいいでしょう。

おわりに

職場では異性と出会う機会が非常に多くあります。しかし、仕事と恋愛のルールは違います。仕事と恋愛を混同してしまうと人間関係に悪影響を及ぼし、チームワークに問題が出るかもしれません。

職場恋愛にはそれなりのリスクがありますが、素敵な人に出会えたならばその気持ちを封じ込める必要もありません。ルールを守った上で恋愛しましょう!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。