\ フォローしてね /

不老長寿を願う【9月9日】「重陽の節句」の基礎知識

このライフレシピのもくじたたむ

9月9日は、重陽(ちょうよう)の節句です。今はあまり馴染みがなくなってきましたが、日本では奈良時代から五節句の締めくくりとして盛んに祝われていました。

今回は「重陽の節句」についてご紹介します。

重陽の節句の基礎知識

そもそも、五節句とは?

江戸時代に定められた、5つの式日(祝日)のことです。

  • 1月7日:人日の節句(七草の節句)
  • 3月3日:上巳の節句(桃の節句・ひなまつり)
  • 5月5日:端午の節句
  • 7月7日:七夕の節句
  • 9月9日:重陽の節句

古来より、奇数は縁起の良い陽数偶数は縁起の悪い陰数と考えられてきました。その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりです。

重陽は、一番大きな陽数が重なる日

なかでも一番大きい陽数(9)が重なる9月9日に、不老長寿無病息災を願うのが「重陽の節句」です。五節句のしめくくりとして、昔は最も盛んだったと言われています。

「菊の節句」

旧暦の9月9日は、今の10月半ばにあたります。菊の季節でもあることから、重陽の節句は「菊の節句」とも呼ばれています。

新暦に変わってからは季節が合わなくなってはしまいましたが、菊を使ったさまざまな風習が残っています。

庶民の間では「くんち」

平安時代には宮中行事として取り入れられ、当時、中国から伝来したばかりの珍しい菊の花を眺めながら宴をし、厄祓いや長寿祈願を行うようになりました。

庶民の間では「お九日(くんち)」と親しまれ、秋の収穫祭と合わせて祝うようになったといわれています。長崎市の諏訪神社の例祭「長崎くんち」、佐賀県唐津市の唐津神社の例祭「唐津くんち」はその名残です。

Twitterで紹介!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。