\ フォローしてね /

ダンボールや毛布で!ウサギの防寒対策方法

この記事では、ダンボールや毛布を使って簡単にできるウサギの防寒対策方法をご説明します。

我が家のウサギの紹介

「ネザーランドドワーフ」というウサギの中でも1番小型なウサギです。大人になってもあまり大きくならない種類です。

性格はやんちゃで甘えん坊です。臆病であり人見知りもしますが、すぐに懐きます。ちなみに性別はオスで現在約10ヶ月目です。

防寒対策

1.ゲージの設置場所に気をつける

大変重要です。ウサギは1日の多くはゲージの中にいますので、設置場所を誤るとウサギにとってとても良くないです。以下の条件を守りましょう。

  • 窓際に寄りすぎない
  • 暖房が直接当たらない

窓際は隙間風や外と室温の温度差から発生する結露によって大変寒くなります。我が家では大体22cmくらい離して設置しています。

暖房に直接当たってしまうとウサギの身体が必要以上に暑くなってしまい、良くないです。部屋自体はなるべく温めた方が良いですが、暖房が直接当たるところは避けましょう。

部屋の都合上ゲージを窓際に設置しなくてはならない場合は、窓とゲージの間にはダンボールの側面を置き、窓際から少しでも離すようにしましょう。これだけでも少しは暖かくなります。

「窓との間にダンボールの側面を置くだけでは心配」という方は、ゲージを囲うようにダンボールの側面を置いてあげるのもOKです。

2.ゲージに毛布等をかける

少しでも暖かくなるようにゲージに毛布をかけてあげます。これだけでも少しは暖かくなるものです。毛布がない場合は大きめの膝掛け等でも構いません。

注意点

ウサギ用の、ゲージの中に入れるヒーター等が売っていますが、あまりオススメしません。

もちろんヒーターが好きなウサギもいます。ですが、ヒーターのコードを噛んでしまうウサギもいる為に大変危ないです。長時間ウサギを見ることの出来ないときは暖房器具をつけっぱなしにした方がいいかもしれません。

おわりに

ウサギの防寒対策のやり方を説明しました。ウサギの体調を整えてあげるためにも以上のポイントをふまえて育ててあげてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。