\ フォローしてね /

綿棒を使って簡単にできる!和室の障子の掃除方法

障子は意外とほこりがたまりやすい場所です。そこで今回は、筆者が実践している和室の障子の掃除方法をご紹介します。

掃除の頻度・タイミング

週1回、掃除機をかける前に行っています。

掃除に必要な道具

  • クイックルハンディーワイパー
  • 雑巾(濡らして固く絞ったもの)
  • 綿棒
  • ティッシュなど

掃除の具体的な手順

STEP1:表面のほこりを取る

まずは、ハンディーワイパーで障子表面のほこりを取ります。障子が破れないように、力を入れずにワイパーを上から下に動かしていきます。

この際、すべてのほこりがワイパーに吸着せず、骨組みである「サン」の部分に落ちる場合がありますが、後程「サン」も掃除するので問題ありません。

STEP2:「サン」部分を掃除

「サン」の部分を固く絞った雑巾で拭いていきます。幅が狭いので、1本の指に雑巾を巻き付け、指先部分で拭いていくときれいに汚れが落とせます。

STEP3:隅を綿棒で掃除

「サン」の角は非常に狭く、雑巾だとうまく掃除できません。なので、綿棒を使って角のほこりを丸め取ります。

綿棒の先についたほこりは、ティッシュなどで取り除いていくと1本の綿棒ですべての角を掃除できます。

STEP4:レール部分を掃除

最後にレール部分を雑巾で拭きましょう。この角もほこりがたまりやすいので、仕上げとして綿棒を使って取るときれいになります。

注意点

ほこりが落ちてくる

高い場所を掃除する際は、障子についたほこりが顔に落ちてくることがあるので、メガネやマスクの着用がおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?綿棒は先が綿なので、障子を傷つける心配もありません。また、狭いスペースをきれいに掃除できるのでとても便利です。

今回の記事を少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。