\ フォローしてね /

お鍋で簡単!器蒸しのやり方

「器蒸し」というのは材料を陶器などの器に入れ、器ごと蒸し器で蒸す調理法のことです。茶碗蒸しは最も代表的な器蒸しですが、他にも「かぶら蒸し」や「山芋蒸し」などがあります。

今回は簡単にできる「山芋蒸し」を例に、器蒸しのやり方を紹介します。今回は蒸しプレートを使って鍋で蒸します。

材料(2人分)

  • 山芋:170g
  • 卵白:1個分
  • 小エビ:6個
  • 枝豆:10個
  • 塩:小さじ1/5(ひとつまみ)
  • だしつゆ(又はめんつゆ):大さじ1
  • 水:大さじ2
  • 水溶き片栗粉:水、片栗粉各小さじ1

作り方(調理時間:30分)

STEP1:エビと枝豆の下ごしらえをする

エビは水洗いして水気を取っておきます。枝豆はゆでたものをサヤから出しておきます。

STEP2:卵白を用意する

卵を割って卵白だけ出し、白いヒモ状のカラザは取り除いておきます。

ここでは黄身は使いません。他の料理に使って下さい。

STEP3:山芋をすりおろす

山芋の皮をむき、おろし器ですりおろします。キッチンペーパーで巻くと滑らないので持ちやすいです。

STEP4:山芋と卵白を混ぜる

ボールに山芋と卵白、塩を入れ泡立て器などでよく混ぜ合わせます。

STEP5:器に材料と山芋を入れる

器にエビと枝豆を入れます。

次に上から山芋を入れます。

STEP5:水を張った鍋に蒸しプレートを置く

鍋に水を適量張り、蒸しプレートをセットします。その後火をつけ沸騰するまで蓋をして待ちます。

STEP6:器を置いて蒸す

沸騰したらプレートに器を置き、ふたをして強火のまま8~10分蒸します。山芋がふんわりと盛り上がり、固まっていれば出来ています。

沸騰している鍋に器を置く時にはヤケドに注意して下さい。湯気で熱い場合は鍋つかみなどを使って下さい。

STEP7:別鍋であんかけ用のあんを作る

小鍋にだしつゆと水を混ぜて煮立たせます。いったん火を止め、水溶き片栗粉を混ぜ入れます。その後弱火にしてとろみがつくまでかき混ぜます。

STEP8:山芋蒸しにあんをかける

蒸し上がった器を出して、あんをかけます。

完成

お好みでワサビなど添えて出来上がりです。

器蒸しを作る時の注意点やコツ

  • 蒸す時の水の量は、鍋の大きさや蒸しプレートの脚の高さによって加減して下さい。長時間蒸す場合は水分が少なくなったら、足すようにしましょう。

  • 水の状態から器を入れるのではなく、沸騰して鍋の中に蒸気がある状態で入れるようにすると一気に蒸せるので美味しく出来上がります。

  • 長時間蒸す場合や鍋の形状によって、蒸気が器の中に落ちることもあります。その場合は布巾をかけてふたをすると水っぽくなりません。ただしはみ出た布巾は外側に垂らすと火が移る危険性があるので、上に曲げるなどして注意して下さい。

さいごに

いかがでしたか。蒸し料理と聞くと難しそうですが、山芋なら鬆(す)という気泡が入っても大丈夫ですし気軽にできますよ。是非参考にしてみて下さい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。