\ フォローしてね /

誰でも簡単に描ける!萌え男子の描き方

ここでは普段絵を描くとことになれていない人のために、簡単に描ける可愛い男の子の描き方を紹介したいと思います。

ただ萌える基準は人それぞれです。何度も描いてアレンジを加えていくことで、自分にとって一番萌える描き方を見つけていきましょう。

用意するもの

描けるものなら何でも大丈夫ですが、今回は下記を使用します。

  • シャーペン
  • 消しゴム

アナログで描いてもペンタブ等のデジタルで描いても、方法は同じです。

描き方

STEP1:髪を描きます

普通はあたりをとって、輪郭から描くというパターンが多いですが、ここではあえて髪型から描いていきたいと思います。

輪郭から描きますと、はじめ慣れていないと左右対称にするところで躓いてしまうからです。絵を上達させるためには量をこなしていくことが大切なので、まずは絵を描くことの楽しさを覚えていきましょう。

また、髪の毛というのは自由自在に形を変えるものなので、多少形がおかしくても後にカバーできます。なので、ここは思い切って自分の好きな髪型をのびのびと描いて下さい。

丸くなることを意識して描いてみましょう!

STEP2:輪郭、顔のパーツを加えます

次は輪郭を引いて、顔のパーツを加えていきます。この段階が1番苦戦するのではないでしょうか?

髪型がすでに描いてあるので、輪郭は顎のラインだけですみます。丸顔にしたければ円を描くことを意識して、面長にしたければU字を意識して描きましょう。角ばらないように滑らかに描くと柔らかく可愛いイメージになります。

表情ですが、今回は困り眉で少し不機嫌そうにしている男の子を描きたいと思います。まず先に瞳(丸の部分)を描くと、バランスがとりやすいです。そして瞳にあわせて目の周りを描いていきます。

鼻をハッキリ描かないで、点だけにする、または少し影をつけるだけにすると照れてる感じが出しやすいです。口は少し小さすぎるか、大きすぎるくらいで、シンプルに描きます。

今回の例は、不機嫌な顔で少し頬を赤らめることで、ツンデレ風な表情にしました。

STEP3:仕上げの微調整をしていきます

最後に髪や目に色をつけたり、影をつけるなどして微調整していきます。

上手く描くコツ

今回説明した描き方の場合のみ、描き込みし過ぎないように注意です。最低限のパーツ、線だけで直球で可愛らしさを表現しましょう。

また目の形や口の形など、どのパーツでも形に迷った時は、丸や三角などの基礎的な図形を意識することがコツです。

おわりに

ここではわりとシンプルな絵の描き方を紹介しましたが、簡単なものでも量をこなしていくことでペンのぶれがなくなり、もっと漫画に出てくるキャラクターのような絵が描けるようになると思います。

少しでも絵を描くことの楽しさを知ってもらえたら幸いです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。