\ フォローしてね /

意外に雑菌がついてる!洗面所のタオルかけの掃除方法

洗面所のタオルかけはどのようにお手入れしていますか。場所柄水に濡れたり、洗濯物のホコリがついたり、ヘアスタイリング剤がついたりと色々な汚れがつきやすいところです。

今回は筆者が行っているタオルかけの掃除方法を紹介しましょう。

汚れの原因とは

タオルかけには浴室からの湯気による湿気や、顔や手をタオルで拭くときにつく水気が付きやすいですね。そこへ洗濯物のホコリや洗面所の床ボコリなどがついてしまって、黒ずみやカビなどが発生してしまいます。

それに加えてヘアスタイリング剤の油分が飛び散ることもあり、余計にホコリが付着しやすくなり、放っておくと固まって取れなくなります。

ですからタオルかけについた湿気や目に見えない油分などを取っておくことが汚れ防止につながります。

使うもの

  • ハンドタオル(使い古しのものでOK)
  • メラミンフォームのクリーナー(激おち○○のようなもの)

タオルかけの掃除方法

STEP1:ハンドタオルで空拭きする

フェイスタオルを交換するときに、ハンドタオルで水気を拭き取ります。このときフェイスタオルがかかっていた部分も水気があるので、丁寧に拭いておきます。

ハンドタオルはすぐに使えるようにタオルかけに並べてかけて置きます。

鏡についた水滴も拭いておくと一石二鳥です。

STEP2:メラミンフォームクリーナーを水に濡らす

メラミンフォームクリーナーを水に濡らして固く絞ります。

筆者が使っているクリーナーは棒状で自由にカット出来るタイプです。3,4cmくらいの大きさに切っておくと使いやすいです。

STEP3:タオルかけを擦る

クリーナーで磨きます。汚れがついていなくても、ステンレスは曇ってきて汚く見えてしまいます。

定期的に磨いておくとホコリなどもつきにくくなります。

STEP4:完了!

これで掃除は終了です。

掃除方法の注意点

フェイスタオルを交換するときに、その都度行っています。1日1回が目安です。クリーナーを使っての掃除は1週間に1度くらいです。

タオルを交換するタイミング以外でも、ヘアスプレーや、歯磨きクリームなどがついてしまったときは、ひと手間ですがタオルでふき取っておくと汚れ防止になります。

また梅雨時期や冬には、汚れ防止用のハンドタオル自体も乾かずに湿った状態になりがちです。それ自体が汚れの原因になっては元も子もありませんね。ハンドタオルも乾いたキレイなものをかけて置くようにしてください。

さいごに

水分油分とホコリが重なって汚れとなります。タオル交換のついでや気づいたときにさっとやれば、時短にもなりますし汚れが防止できますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。