\ フォローしてね /

現代と意味の異なる!高校<国語>古文単語20選

このライフレシピのもくじたたむ

古文単語を暗記する上で厄介なのは、「現代とは意味の異なる語」ですね!

今回は、そうした厄介な言葉を紹介したいと思います。

古文単語:形容詞

1:やむごとなし(やんごとなし)「止む事無し」

  • 活用形:ク活用
  • 意味:格別だ、高貴である
  • 例文:やんごとなきお方

2:なまめかし「生めかし」

  • 活用形:シク活用
  • 意味:若々しい、優美で風流がある
  • 例文:なまめかしき

3:あやし「怪し」

  • 活用形:シク活用
  • 意味:気がかりだ、珍しい、見苦しい
  • 例文:いとあやしきさまを人や見つらむ(源氏物語・若紫)

4:かなし「愛し」

  • 活用形:シク活用
  • 意味:かわいい、心惹かれる
  • 例文:かなしき

5:らうたし(ろうたし)「労たし」

  • 活用形:ク活用
  • 意味:かわいい
  • 例文:をかしげなる児の、あからさまに抱きて遊ばしうつくしむほどに、かい付きて寝たる、いとらうたし(枕草子)

6:をかし

  • 活用形:シク活用
  • 意味:面白い、趣がある
  • 例文:夏は夜。月のころはさらなり。やみもなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、 ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。(枕草子)

7:むつまし「睦まし」

  • 活用形:シク活用
  • 意味:親しい、なつかしい
  • 例文:見し人の煙を雲と眺むれば夕べの空もむつましきかな(源氏物語・夕顔)

8:やすし「安し」

  • 活用形:ク活用
  • 意味:(心が)安らかだ
  • 例文:心もしやすからずは、象馬・七珍もよしなく(方丈記)

9:めやすし「目安し」

  • 活用形:ク活用
  • 意味:感じが良い
  • 例文:髪ゆるるかに、いと長く、めやすき人なめり(源氏物語・若紫)

10:うしろめたし「後ろめたし」

  • 活用形:ク活用
  • 意味:不安だ、やましい
  • 例文:いとはかなうものし給ふこそ、あはれにうしろめたけれ(源氏物語・若紫)

11:こころもとなし「心許なし」

  • 活用形:ク活用
  • 意味:心配だ、待ち遠しい
  • 例文:かたく封じたる続飯などあくるほど、いとこころもとなし(枕草子)

12:あたらし「惜し」

  • 活用形:シク活用
  • 意味:惜しい、もったいない
  • 例文:若くて失せにし、いといとほうしうあたらしくなむ(増鏡)

13:うたてし

  • 活用形:ク活用
  • 意味:嘆かわしい、気の毒だ
  • 例文:討たれさせ給ひけん宮の御運のほどこそうたてけれ(平家物語)

14:ほいなし「本意無し」

  • 活用形:ク活用
  • 意味:不本意だ、期待はずれだ
  • 例文:ほいなき事なれば、いとうたて物憂くおぼえて(落窪物語)

15:をし「惜し」

  • 活用形:シク活用
  • 意味:いとおしい、残念だ
  • 例文:この花の散るををしうおぼえさせたまふか(宇治拾遺物語)

16:つらし「辛し」

  • 活用形:ク活用
  • 意味:薄情だ、冷淡だ、つらい
  • 例文:つらしきおこなひ

17:わりなし

  • 活用形:ク活用
  • 意味:むちゃくちゃだ、辛い、仕方が無い
  • 例文:手にてもえさし出づまじうわりなし(枕草子)

18:あへなし(あえなし)「敢へ無し」

  • 活用形:ク活用
  • 意味:どうしようもない、がっかりだ
  • 例文:御使ひもいとあへなくて帰り参りぬ(源氏物語・桐壺)

19:せむかたなし(せんかたなし)「為む方無し」

  • 活用形:ク活用
  • 意味:どうしようもない
  • 例文:いみじう心あくがれ、せむかたなし(枕草子)

20:はかなし「果無し」

  • 活用形:ク活用
  • 意味:むなしい、頼りない、取るに足らない
  • 例文:桜ははかなきものにて、かく程なくうつろひさぶらふなり(宇治拾遺物語)

おわりに

現代と意味の異なる古文単語はたくさんありますが、筆者は例文を覚えて暗記しました。古文単語の場合意味が一つのケースは少なく、意味が複数ある場合がほとんどです。

一つの意味で一つの単語を覚えるのではなく、例文で実際の文章を覚えてしまった方が、理解しやすいですよ!

(image by amanaimages)
(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。