\ フォローしてね /

隙間テープで!トイレの便器外側の汚れを防止する方法

トイレはいつも使う場所だからこそ、毎日のお掃除で綺麗にしておきたいものですよね。今回は、毎日のお掃除と隙間テープでトイレの便器外側の汚れを防止する方法をご紹介いたします。

汚れ防止対策の頻度、タイミング

毎日、黄ばみ、ニオイ汚れが気になった時に掃除し、汚れが重なっていくのを防止します。隙間テープも毎日取り替えます。洗い替えに数枚用意しておくと便利です。

隙間テープは100円ショップでも購入可能です。

汚れ防止対策に必要な道具

  • トイレクリーナー
  • ビニール手袋またはゴム手袋
  • 消毒用エタノール
  • 家庭用塩素系漂白剤
  • トイレの隙間テープ
アルコールが使用されているトイレクリーナーで手が荒れる方は、ビニール手袋などを着用するようにしましょう。

汚れ防止対策の具体的な手順

STEP1:便器外側の背面の方から拭く

汚れが少ない背面、側面の方からトイレクリーナーで拭きます。

この部分には主に埃が付着します。埃は静電気を帯びているため、空気中の汚れを吸着し、放っておくと汚れやすくなりますので、綺麗に拭いて埃を落としておくことで汚れを防止できます。

STEP2:前面を拭く

トイレクリーナーを折り返して、綺麗な面を使って便器の前面を全体的に拭きます。

特に男性がいらっしゃるご家庭では、尿が飛んで汚れる場所です。汚れが残っていると悪臭の元となりますので、念入りに汚れを拭き取りましょう。

尿の汚れを放置すると、細菌が増殖し異臭を放つようになってしまいます。また、便器も黄ばんで汚れが目立つようになってしまいますので、綺麗に拭いてニオイ汚れと黄ばみ汚れを防止しましょう。

STEP3:トイレの隙間テープで汚れを防止する

トイレの隙間テープの本来の使い方は上の写真のように、便器と床の間の汚れを防止するためのものですが、これを便器上部に貼り付け、飛び散った尿が床の方に流れてしまうのを防止します。

トイレトレーニング中のお子様がいらっしゃったり、介護されてる方がいらっしゃるご家庭では、すぐに汚れてしまう部分だと思いますので、これで便器外側の汚れを軽減できると思います。

もともとこの方法は、冬場に子供が便座に座った際に大人よりも足が短いので、便器に足が触れて冷たい思いをしないようにということでのアイディアでしたが、便器外側の汚れも防止できることに気が付きました。

そのため、子供の足が直接便器に触れてしまうことも防止できます。

週に1回は消毒をしニオイ汚れを防止する

臭い汚れは、尿が便器にこびりつくことで雑菌が繁殖し、異臭を放つことで起こります。そのため、少しでも尿が便器に付着していれば、どんどん菌が増殖してしまいます。

その雑菌の繁殖を防止することが、ニオイ汚れを防ぐことに繋がりますので、週に1回は消毒をして除菌しましょう。

消毒用エタノールで消毒をする

週に1回は消毒用エタノールを使ってアルコール消毒します。

この場合はトイレットペーパーにアルコールを浸して汚れた部分を拭きとるか、アルコールスプレーをした後にトイレットペーパーで拭き取るようにするとトイレに流せて便利です。

アルコールをスプレーする場合は、目に入ると危険ですので、目に入らないよう注意しましょう。

家庭用塩素系漂白剤で消毒をする

ノロウイルスが流行っている時などは、家庭用塩素系漂白剤を250倍に薄めた希釈液を使ってお掃除してあげると感染予防になります。この場合は、希釈液を浸した雑巾や布で便器を拭いて、仕上げに水拭きをします。

塩素系漂白剤はアルコールと一緒に使用すると大変危険ですので、アルコールとの併用は避けるようにしましょう。

トイレの便器外側の汚れ防止対策で注意すること

トイレシートは汚れたら裏返して、常に綺麗な面を使用して拭くようにしましょう。汚れた面で拭くと、せっかく綺麗になった場所にも汚れが広がり、再び雑菌が別の場所に付着してしまいますので注意しましょう。

おわりに

便器の外側も毎日お掃除しておけば、黄ばみやニオイ汚れの防止に繋がります。この記事が、トイレ外側の汚れが気になっていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

(image by 足成)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。